生命科学・医薬品専攻生命科学コース

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 生命科学・医薬品専攻 生命科学コース

生命科学コース

生命の持つ優れた機能を探り、
医療や環境保全に役立てていく。

生物が持つ機能を、医療や環境保全に生かすための知識・技術を学修。遺伝子工学や環境工学など、最先端のバイオテクノロジーを深く学び、幅広い分野で活躍できる人材をめざします。

バーチャルオープンキャンパスDAYS開催!
蒲田キャンパス6月6日(日)~12日(土)
八王子キャンパス6月13日(日)~19日(土)

特長

  • 生命が持つ精緻なメカニズムを、医療や健康管理に役立てるための先進技術を学修可能
  • 環境・エネルギー問題など、地球規模の課題解決にバイオテクノロジーを生かす方法を修得
  • 卒業後は、化学製品関連から資源・エネルギー関連まで、幅広い分野をめざす

Only One医療に貢献するバイオテクノロジーを学べる

ヒトゲノム配列の解明によって、さまざまな病気の原因となる遺伝子やタンパク質が同定されるようになりました。
さらに個人のゲノム情報を短時間で解析できる技術の開発により、ゲノムレベルで個人の体質を解析することが可能となっています。
そのため、患者個人の体質や病気の特徴を正確に診断し、適切な医療を行う個別化医療が広まっています。生命科学・医薬品専攻の生命科学コースでは、遺伝子やタンパク質、細胞などを分析し医療に応用する最先端のバイオテクノロジーを学ぶことで、個別化医療に貢献することをめざします。


環境分野特集ページ
明日の地球を
デザインする

詳細とその関連研究などをご紹介します。

専攻コース紹介ビデオ

「生命科学・医薬品専攻」の「生命科学コース」は、生命がもつ極めて精緻な遺伝や代謝の仕組みを理解し、これを医療や健康管理に役立てるための先進技術や、砂漠の緑化、地球温暖化の防止などをテーマに、人と自然が持続的に共存できる循環型社会の構築を追究していきます。バイオテクノロジーについて深く学び、社会と暮らしを取り巻く諸問題の解決に貢献する人材の育成をめざします。

生命科学コースの独自科目

遺伝子工学

DNAを増やす、タンパク質をつくる、遺伝子の機能を調べる、遺伝子を改変した生物をつくる、という遺伝子・タンパク質工学の主要な4 技術を学び、その有用性も理解します。

生命科学実験

動物細胞の培養や継代操作、遺伝子導入実験、蛍光染色による細胞内小器官の顕微鏡観察などを行うほか、環境バイオテクノロジーの実験技術習得のための実験にも取り組みます。

生命科学コースの学生実験

生命科学実験Ⅰ

生命科学分野と環境分野の実学に基づく専門力を身につけることをめざす実験科目です。細胞工学分野の実験やデータ解析に必要な基本的スキルをはじめ、植物バイオテクノロジーを環境保全や環境モニタリングに役立てるための実験操作、タンパク質医薬品を生産するための実験手法などについて学びます。具体的には、動物培養細胞の取り扱いと遺伝子操作およびミトコンドリアの単離と評価、植物細胞の融合、光合成速度の測定、DNA鑑定法、大腸菌を利用したタンパク質生産・精製と活性測定に必要な知識や実験テクニックを、主体的に行う実験を通して修得。さらに実験データをノートPCを利用して解析することで、分析評価能力も高めていきます。

生命科学実験Ⅱ

本実験では、細胞工学分野の基礎的な実験手法やデータ解析法を身につけたうえで、微生物バイオテクノロジーを利用した抗菌物質の評価・タンパク質生産・環境モニタリング技術、核酸医薬と抗がん剤の作用の評価に関する実験技法と原理を学び、生命科学や環境に関する実践的な専門力を修得していきます。具体的な実験内容は、細胞組織切片の作製と顕微鏡観察、細胞内部構造の蛍光顕微鏡観察実験、細胞からの脂質の抽出・分析、大腸菌を用いた抗菌活性の測定、微生物を利用した環境モニタリングなどさまざま。問題解決力、論理的思考力、分析評価力を身につけるほか、グループ単位での共同実験を通してコミュニケーション能力も養います。

研究紹介

病気の指標となるタンパク質を高感度に検出し、早期診断・早期治療に貢献します!

3.すべての人に健康と福祉を

分子・ナノレベルの視点からバイオ・医療分野に貢献する新技術の研究を行います。

3.すべての人に健康と福祉を

暮らしに役立つ化粧品や食品、医薬品素材の生産や環境浄化など、微生物利用の可能性を追求する研究室です!

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 12.つくる責任、つかう責任

次世代ヘルスケア産業に貢献する技術開発を行っています。

3.すべての人に健康と福祉を

遺伝子のスイッチに着目し、がんの簡易診断方法や医薬品開発に向けた研究を行っております。

3.すべての人に健康と福祉を

植物の力を環境保全や暮らしを豊かにするために役立てる研究を行なっています

2.飢餓をゼロに 12.つくる責任、つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう

細胞を計測するための学問を探求しつつ、宇宙開発を行う研究室です。

13.気候変動に具体的な対策を

健康寿命を延ばすための研究です。活性酸素とミトコンドリアに注目しています。

教員紹介

矢野 和義
応用生物学部 教授
矢野 和義 / 応用生体科学(矢野和義・岡田 麻衣子)研究室
専門分野:生物工学、分子生物学
村松 宏
応用生物学部 教授
村松 宏 / 生命ナノ工学(村松宏)研究室
専門分野:バイオナノテクノロジー、生物計測工学、マイクロ・ナノ加工、電気化学計測
横山 憲二
応用生物学部 教授
横山 憲二 / 応用生化学・ヘルスケア工学(横山)研究室
専門分野:バイオテクノロジー、生化学分析
吉田 亘
応用生物学部 准教授
吉田 亘 / エピジェネティック工学(吉田亘)研究室
専門分野:核酸工学、遺伝子工学、エピジェネティクス
岡田 麻衣子
応用生物学部 助教
岡田 麻衣子 / 応用生体科学(矢野和義・岡田 麻衣子)研究室
専門分野:分子細胞生物学(タンパク質分解、エピゲノム、DNA損傷応答)、分子内分泌学(主に女性・男性ホルモンに関連した疾患)、分子腫瘍学(乳がん、前立腺がん)
中西 昭仁
応用生物学部 助教
中西 昭仁 / 生命機能応用(中西昭仁)研究室
専門分野:応用微生物学、遺伝子工学、代謝工学
多田 雄一
応用生物学部 教授
多田 雄一 / 植物工学(多田雄一)研究室
専門分野:植物バイオテクノロジー、植物分子育種
浦瀬 太郎
応用生物学部 教授
浦瀬 太郎 / 水環境工学(浦瀬太郎)研究室
専門分野:環境衛生工学、上下水道学、膜分離技術を用いた水処理、微量化学物質(医薬品、化粧品、臭気物質など)の環境中での挙動およびその分解処理
松井 徹
応用生物学部 教授
松井 徹 / バイオプロセス工学(松井徹)研究室
専門分野:応用微生物学、生物化学工学
秋元 卓央
応用生物学部 教授
秋元 卓央 / バイオセンサー(秋元卓央)研究室
専門分野:応用物理、バイオセンサ

卒業後の進路

化学製品関連/家庭用品製造・販売関連/医薬品製造・販売関連/肥料・飼料関連/農林漁業関連/資源・エネルギー関連/ CRO(治験業務受託業)関連/病院・医療機関/研究機関/大学院進学 ほか