臨床検査学科

臨床工学科

School of Health Sciences 蒲田

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> 臨床工学科-臨床工学技士を目指す

臨床工学科

患者の笑顔をつくる、
いのちのエンジニアになろう!
未来を創る医療機器のプロフェショナル。

学科紹介ビデオ

学科紹介文

臨床工学技士は、医療従事者の中で唯一、医学と工学に精通し、生命維持管理装置などの操作や保守点検を通じて患者さんの命を守る医療機器のプロフェッショナルとしてあらゆる医療機関で求められています。東京工科大学の臨床工学科では、日本で最初の国家資格取得養成校としての片柳学園の伝統と実績を基盤に、実際の医療現場と遜色ない実習環境で、日進月歩の医療技術に対応すべく医学と工学の両方を学修していきます。命をまもるエンジニアとして、先進医療を担う技術力を身につけた臨床工学技士を育成します。

臨床工学技士とは医療現場の最前線で活躍する医療機器 のプロフェッショナルです。
臨床工学科では実績ある臨床工学技士養成教育を継承しつつ、総合大学としてのメリットを生かした、他学部と連携した教育・研究で、創造力と行動力で先進医療を担うことのできる臨床工学技士を育成します。

6月オープンキャンパス情報
6月9日(日)蒲田、6月16日(日)八王子
臨床工学科イメージ

臨床工学科の特長

1.臨床工学技士養成校第一号の学園としての伝統を継承

東京工科大学医療保健学部臨床工学科の開設は2010年ですが、前身である日本工学院専門学校の臨床工学科は、1987年の臨床工学技士法の公布後、全国で最も早く設置された養成校の一つに数えられます。この長い伝統を引き継いだうえで、蓄積した豊富な経験や、多くの医療機関および卒業生との緊密なネットワークを生かし、臨床工学のパイオニアならではの質の高い教育を提供しています。

2.ECMOなど最先端医療機器やVR/AR技術を導入

本学科の実習では、血液浄化室ブース、集中治療室ブース、手術室ブースなど、最新の医療機器を豊富に揃えた、一流病院と遜色ない環境で、実践的な専門技術やコミュニケーション能力を修得することができます。導入する先端機器の一例として、コロナ禍で注目を集めたECMO(体外式膜型人工肺)のほか、2021年よりVR(仮想現実)シミュレータ、2022年よりAR(拡張現実)支援システムの試用を開始。臨床工学の実習教育にVR/ARを導入している例は、国内外で本学のみ(※)です。
※2023年現在

3.東京大学附属病院をはじめ多数の大学病院と提携

歴史ある教育活動により築き上げた医療界の信頼のもと、30か所以上の大学病院や総合病院と臨床実習提携を結び、充実したネットワークとコミュニティを整備しています。提携病院の数は全国屈指であり、学生は自分に適した環境で臨床実習を経験することができます。
<提携する大学病院の一例> 東京大学医学部附属病院、東邦大学医療センター大橋病院、東京慈恵会医科大学附属病院、慶應義塾大学病院、横浜市立大学附属病院 など

4.臨床経験豊富な専任教員の在籍数は全国トップレベル

臨床工学技士として5年以上の臨床経験を有する教員の在籍数は、全国の大学でトップレベルを誇ります。また、現在病院で働いている現役の臨床工学技士が、非常勤講師として多数在籍しており、医療の第一線で求められる最新の知識や必須のスキルなどを直接指導しています。この充実した指導体制をベースに、本学が教育の柱としている「実学主義教育」を実践し、真に社会に貢献する人材の育成に繋げています。

5.確実な国家試験合格のために充実したサポートを提供

学生の成長を多角的に支える仕組みとして、「アドバイザー教員制度」「学習支援センター」「ピアサポート制度」などの効果的な学習支援を提供しています。また、経験豊富な教員の指導のもと、苦手科目や国家試験にかかわる詳細な問題点の克服に役立つシステムを整備。さらに、4年次からの国家試験に直結する科目やテスト、過去の国家試験問題や模擬試験などを通して、着実に合格力を高めます。学内には図書館や休憩スペースなど集中して勉強できる環境が整っており、これら充実したサポートと環境を支えに、毎年、高い国家試験合格率を実現しています。

6.親身な就職支援を力に卒業生は全国300以上の医療施設へ

本学科の臨床工学技士の輩出数は全国トップレベルであり、卒業生は大学病院や総合病院、クリニックなど全国300か所以上の医療施設で活躍しています。本学では、入学後の早期から就職支援担当教員が学生一人ひとりと向き合って就職に関するきめ細かなフォローを行うほか、ビジネスマナー講座などの実践的な就職関連講座を適切なタイミングで実施しています。また、キャリアサポートセンターでは、面接・小論文・履歴書等の添削や対策を受けられるなど、親身かつ的確な就職サポートを幅広く提供し、学生の就職を強力にバックアップします。

7.品川・横浜直通の「蒲田駅」から徒歩2分

蒲田キャンパスは、2駅5路線(※)が利用でき、「蒲田駅」からは徒歩2分、通学に便利な駅近の立地です。
品川と横浜の中間に位置する蒲田は、通学はもちろん日常生活をおくるうえでとても利便性が高く、東京、神奈川、埼玉、千葉からのアクセスも良い都心型のキャンパスです。
※JR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線の「蒲田」駅から徒歩2分
※京急本線・京急空港線の「京急蒲田」駅から徒歩約15分



医療XRによる演習・実習教育プログラム
3学科連携共同プロジェクト

取得可能な資格

  • 臨床工学技士国家試験受験資格
国家試験対策

2024年実施
国家試験
合格率[新卒]

  • 臨床工学技士90.5%

基礎教育科目・専門基礎科目の知識の定着を図るため、科目を担当する教員とフレッシャーズゼミで学生を受け持つ教員による学修指導を行っています。3年次以降の工学演習・専門演習では、国家試験合格に必要な知識の復習と再確認を行うほか、日本生体医工学会主催の第2種ME技術実力検定試験、臨床工学技士教育施設協議会が主催する模擬試験、受験対策セミナーなどをもとに国家試験対策を行います。

施設紹介

臨床工学実習室

国内の臨床工学技士養成校の中でも有数の医療機器が備えられており、病院で使用されている最新の医療機器も数多くあります。

その他の動画はこちらから

学生インタビュー

学生コメント集

臨床工学部で学ぶ学生に、臨床工学技士や臨床工学科と授業の魅力について聞いてみました。

「臨床工学技士」の魅力

「臨床工学科」の魅力

おすすめ授業(1年・2年)

おすすめ授業(3年・4年)

 

工科大ナビ こうかとんSPページ