デザイン学部 プロジェクト

School of Design Project

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> デザイン学部> デザイン学部 プロジェクト

デザイン学部 プロジェクト

更新日:2021年12月21日

プロジェクションマッピングの技術を社会にどう役立て、実装するかを考えるプロジェクトが始動!

 学生は、講義などでプロジェクションマッピングの概念をある程度は学びます。ですが、それはデザインという大きな括りの中で扱っているものなので、今回のプロジェクトのような応用版にいきなり取り組めるものではありません。そこで空間演出デザインコースの3年生45名を対象に、11月11日、12日、18日、19日の4日間でプロジェクションマッピングの特別演習を実施しました。

専門演習「プロジェクションマッピング」

改めてプロジェクションマッピングの基礎技術についての講義をし、さらに外部から専門家を招いてプロジェクションマッピングの具体的なオペレーションについて解説してもらったのです。そのうえで、学生はグループに分かれて、実際に自分の手でプロジェクションマッピング専用のソフトウェア「MadMapper」を動かしてみるということに取り組みました。
 この4日間で、学生は基礎的なプロジェクションマッピングの技術の習得や実際につくってみるという体験ができたので、今度はこの技術を社会に対してどういう価値として定義できるか、考えてみたいという学生がいれば、戦略的教育プログラムのプロジェクトに参加してくださいという形で参加者を募る予定です。実際にどのくらいの学生が集まるかはわかりませんが、5~10人くらいの規模でプロジェクトを進めたいと思っています。



実習の様子
田村 吾郎 准教授 インタビュー
Interview 

デザイン学部戦略的教育プログラム「2020年大田区がすごい!」プレゼンフォーラムがJ:COM大田で放送予定【2019年12月20日】

 2019年12月20日に蒲田キャンパスでデザイン学部戦略的教育プログラムB「大田区の観光デザイン提案/2020年大田区がすごい!」としてプレゼンテーションフォーラムを開催しました。このフォーラムではデザイン学部視覚デザインコース3年生が、2020年までに大田区への来区者を増加させるイベントを想定、先駆的な視覚デザインの表現を駆使した提案をグループで発表しました。本日は大田区観光課や区内の企業、大手デザイン事務所、メディアの前で発表、投票の結果、採用案として「あそびの学校」および「ネオ銭湯」が選出されました。このフォーラムの様子は12月23日放送のJ:COM大田ディリーニュースで紹介される予定です。

■J:COM大田
ディリーニュース
放送日時 12月23日18時~、20時30分~、23時30分~

第三回デザイン学部プレゼンフォーラム
第三回デザイン学部プレゼンフォーラム

第三回デザイン学部プレゼンフォーラム
第三回デザイン学部プレゼンフォーラム


おおた区民大学 提携講座「折り紙建築の手法をいかした<折り>のデザイン講座」開催報告【2019年12月12日】

御幸朋寿デザイン学部講師

 大田区と本学デザイン学部が提携して実施しているおおた区民大学 提携講座を、蒲田キャンパスで開催いたしました。この講座はデザイン学部の実学に基づいた専門性を学び、区民の活動を推進するために開講しています。今年は御幸朋寿デザイン学部講師を学習支援者として、「折り紙建築の手法をいかした<折り>のデザイン」というテーマで、「折り紙建築のしくみを学ぼう(基礎編)」と「オリジナルのポップアップカードをつくろう(応用編)」の2回に分けて実施いたしました。2回とも定員を上回る応募があり、抽選により実施し、講座では頭と手を使う内容にみなさん真剣に取り組みながらも楽しまれた様子でした。
 参加者からは「ただ作るだけでなく、きちんと理論を聞けた」「ポップカード作りが専門的でびっくりした」「新しい世界を知ることができてうれしい」などのコメントをいただきました。
 今後も区民とのデザインを通した学び合いの機会をつくりたいと考えております。


大田区提携講座
大田区提携講座

大田区提携講座
大田区提携講座

大田区提携講座
大田区提携講座

おおた区民大学 提携講座の様子


■【東京工科大学提携講座】折り紙建築の手法をいかした<折り>のデザイン講座~自分だけのオリジナルなポップアップカードをつくってみよう~ WEB
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/gakushuu/kumindaigaku/20190829toukyoukoukadai.html