地域連携

東京工科大学の地域連携

Regional Cooperation

東京工科大学 HOME> 東京工科大学の地域連携

地域連携について

東京工科大学は開学以来、「生活の質の向上と技術の発展に貢献する人材を育成する」を基本理念としています。さらに、これを達成するために、「実社会に役立つ専門の学理と技術の教育」や「先端的研究を介した教育とその研究成果の社会還元」を具体的理念として掲げています。
現代社会が変貌を続ける中、この理念を実現させていくには、大学という枠内にのみ軸足を置いた教育・研究を行うだけでは、不十分と言わざるを得ません。
本学は、変化する社会に真に求められる成果を創出する大学であるために、キャンパスのある八王子市や大田区蒲田をはじめとする地域社会と緊密に連携を取り合い、互いの理解を深めながら、地域貢献につながるさまざまな取り組みを展開していきます。

学環・各学部の地域連携の取り組み

教養学環

  • 佐渡サービスラーニング
  • 上田ずくだせ・たんぽぽプログラム
  • 八王子市との協定(八協)に基づくプログラム
  • 過疎化・高齢化する農村支援(魚沼)
  • 障がい者就労支援体験活動(川崎・ダンウェイ)
  • その他

詳細はこちら

工学部

提案事例

  • 遊休農地を利用した八王子市の新しい観光業
  • 八王子からの若者流出を食い止めろ!!
    ~住みたい街HAchIOJI~
  • 八王子バイパス沿線における自動車の騒音問題
  • 工場誘致による交通空白地域の解消およびそれに伴う過疎
     地域の活性化
  • その他

コンピュータサイエンス学部

代表的な事例

  • 大田区 区内大学連携創業支援講座
  • Code for HacHiojiへの参加
  • 八王子食堂ネットワークと連携しての卒論指導

詳細はこちら

応用生物学部

医療保健学部