食品・化粧品専攻2020年4月新設

化粧品コース

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 食品・化粧品専攻 化粧品コース

化粧品メーカーの出身教員から
直接学修できる強み。

皮膚・毛髪と化粧品の学修・研究に、専門的に取り組む専攻。
美白・抗老化・育毛などの有効成分に関する分野と、化粧品の開発分野を体系的に学びます。

特長

  • 皮膚・毛髪・化粧品を学術的・専門的に学ぶために、他に先駆けて設置された先進的専攻
  • 化粧品メーカーの研究部門出身の教員が、開発の現場で必須の実践的な知識や技術を指導
  • 化粧品やその原料の開発・製造・販売などを手がける企業に、多くの卒業生を送り出した実績

Only One新たな化粧品・美容関連製品の未来を拓く

化粧品コースは、他の大学に先駆けて設置された、化粧品を学術的に学修および研究するコースです。
化粧品メーカーなどで研究をリードしてきたトップランナーたちが指導する本コースでは、従来の化粧品に関する基礎知識や処方技術に加えて、未来の化粧品・美容関連製品の開発につながるコンセプトや最先端の研究内容についても学ぶことができます。
また、化粧品業界を知り尽くした教員が就職指導も行い、化粧品・美容関連業界はもちろんのこと、食品や医薬品業界も有力な進路となっており、これらの分野で多くの本コース卒業生が活躍しています。

化粧品コースの独自科目

皮膚科学

皮膚科学に関する基礎知識と化粧品の機能との関連について理解し、化粧品関連業務に携わるうえで必須の美容皮膚科学の基礎知識を修得することを目的に学ぶ科目です。 技術を学び、その有用性も理解します。

化粧品実験

化粧品の設計・製造に必要な乳化、ゲル化、洗浄、調色技術を、実験を通して学修。化粧水や口紅の処方設計を行い、その効果や感触・塗布色を評価解析する手法も理解します。

教員・研究紹介

前田 憲寿
応用生物学部 教授
前田 憲寿 / 美科学(前田憲寿)研究室
専門分野:生命科学 (皮膚科学、分子細胞生物学、生化学、薬理学)、香粧品科学
柴田 雅史
応用生物学部 教授
柴田 雅史 / 化粧品材料化学(柴田雅史)研究室
専門分野:コロイド界面化学、無機材料化学、化粧品学
正木 仁
応用生物学部 教授
正木 仁 / 光老化(正木仁)研究室
専門分野:皮膚科学、化粧品学、光生物学、細胞生物学
今村 亨
応用生物学部 教授
今村 亨 / 細胞制御(今村亨)研究室
専門分野:シグナル分子、分子細胞生物学、皮膚科学、放射線生物学、糖鎖科学、生化学
岩渕 徳郎
応用生物学部 教授
岩渕 徳郎 / 皮膚生化学(岩渕徳郎)研究室
専門分野:毛髪科学、生化学、皮膚科学
藤沢 章雄
応用生物学部 准教授
藤沢 章雄 / 抗酸化物質化学(藤沢章雄)研究室
専門分野:反応化学、有機化学
伊澤千尋
応用生物学部 助教
伊澤千尋 /
専門分野:無機化学、材料化学

研究室紹介

ニキビ・敏感肌・アトピー等の美容皮膚科学、美白・抗老化・コラーゲン等の美容素材、香りの機能性の研究

ナノテクノロジーと身近な天然素材を組み合わせて,アトピー肌でも使用できる肌に優しい化粧品材料を開発

紫外線暴露により促進される皮膚の光老化変化の作用メカニズムを解明し,そのソリューションを提案します。

健康な毛髪と肌に存在する細胞制御機構を理解し活用して、次世代の化粧品や医薬品などを創出する。

毛髪形成や白髪形成に関わる様々なメカニズムを明らかにするとともに、頭皮環境との関連性の理解を深める

抗酸化物質は酸化ストレスから生体を守ります。そのメカニズムや医療などへの応用を研究します。

卒業後の進路

化粧品製造・販売関連/化粧品原料・香料関連/医薬品製造・販売関連/化学製品関連/美容用品・サービス関連/健康用品・サービス関連/食品・栄養関連/家庭用品関連/研究機関/大学院進学 ほか