応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

分子生物学(西 良太郎)研究室

研究内容

分子生物学(西 良太郎)研究室
クリックで拡大
 我々を構成するもとになる遺伝情報が保存されているゲノムDNAは安定に維持される必要があります。ところが、ゲノムDNAは様々な要因、例えば紫外線などの外的な要因やDNA複製のエラーなどの内的な要因、により常に傷(DNA損傷)を受けています。生物は多様なDNA修復機構により、タイプの異なるDNA損傷を修復し、DNA損傷に起因する有害な事象を防いでいます。発生したDNA損傷が修復されなかった場合や、不適切な修復が行われた場合には、細胞死、細胞のがん化が誘発されることが知られており、DNA修復機構が生物にとって重要な役割を果たしていることは明らかです。 本研究室では、DNA損傷のうち電離放射線や抗がん剤等により生じるDNA二重鎖切断(DNA double-strand breaks: DSBs)の修復機構を主にヒト細胞を用いて解明する研究を行なっています。DSBの修復機構を理解し、がん細胞においてのみDSB修復を阻害することができれば、より効果的・安全ながん治療につながる可能性があります。
研究テーマ

1. ユビキチン化によるDSB修復制御機構の解明
2. 核内構造体とDSB修復機構のクロストークの解明

研究室ページ

https://nishi-lab.bs.teu.ac.jp/

研究キーワード
DNA修復 , DNA二重鎖切断 , 相同組換え修復 , 非相同末端再結合 , ユビキチン化 , 脱ユビキチン化 , 核内構造体
担当教員
准教授
西 良太郎/ニシ リョウタロウ/NISHI Ryotaro
専門分野:分子生物学、分子遺伝学、放射線生物学