応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

生体機能化学(加藤輝)研究室

研究内容

生体機能化学(加藤輝)研究室
クリックで拡大
ユニークな機能を持つDNAやRNAを作製し、新たな診断技術や、細胞表面および細胞内物質の可視化技術、さらには、創薬に利用する研究を行っています。例えば、蛍光タンパク質のように蛍光を発するDNAやRNAを作製し、これらの様々な利用法を研究しています。具体的には、がんのマーカー(目印)タンパク質や疾患に関連するRNAなどの細胞内物質に結合すると、それらを検知して蛍光を発する機能性RNAを開発し、がん細胞の種類を迅速に判定する診断技術や、新しい医薬品のスクリーニング(探索)技術への利用を目指しています。さらに、がんなどの早期発見を目的とした遺伝子診断法として、“メチル化”などの遺伝子の化学的修飾を迅速に検出する方法を開発しています。
研究テーマ

1. 機能性核酸を利用した医薬品の新規探索法の開発
2. がん細胞マーカーの蛍光イメージング技術の開発
3. 細胞内物質の蛍光イメージング技術の開発
4. 遺伝子診断のためのDNAメチル化検出法の開発

研究室ページ

研究キーワード
核酸 , 診断薬 , 遺伝子診断 , 創薬 , 蛍光イメージング
関連するSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
担当教員
教授
加藤 輝/カトウ テル/KATO Teru
専門分野:核酸化学、創薬化学、化学バイオテクノロジー