応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

水環境工学(浦瀬太郎)研究室

研究内容

水環境工学(浦瀬太郎)研究室
クリックで拡大
水環境工学(浦瀬太郎)研究室では、生活や産業に欠かせない水の問題について研究をしています。膜分離技術や微生物を用いた廃水処理技術、水の中に含まれている有害物質の分析技術、医薬品の使用に伴う薬剤耐性菌の水環境での広がりの調査など、生物や化学に関連した最新技術を用いて「水環境」を掘り下げます。この研究室では、個人の健康や個人の快適をベースとしながらも、社会として豊かになる、社会として快適になることを目指しています。たとえば、抗生物質の使用は個人を細菌感染から守りますが、社会に耐性菌の広がりというマイナス面も生じます。純粋な「理科」として問題をとらえるだけでなく、「社会」を含んだアプローチを重視しています。多くの卒業生が、上下水道の水質管理や環境分析コンサルタント業の分野(民間企業および公務員)で活躍しています。
研究テーマ

・水環境における抗生物質耐性菌のひろがりの調査
・膜分離技術を用いた新しい水処理技術の開発
・環境水や下水処理水の臭気の特徴と成分の同定
・水環境中でのマイクロプラスチックの分解

研究室ページ

https://urase-lab.bs.teu.ac.jp/

研究キーワード
水環境 , 上下水道 , 水処理技術 , 水のにおい , 抗生物質耐性細菌 , 膜分離技術 , マイクロプラスチック , 安全と安心
関連するSDGs
6.安全な水とトイレを世界中に 12.つくる責任、つかう責任
担当教員
教授
浦瀬 太郎/ウラセ タロウ/URASE Taro
専門分野:環境衛生工学、上下水道学、膜分離技術を用いた水処理、微量化学物質(医薬品、化粧品、臭気物質など)の環境中での挙動およびその分解処理