戦略的教育プログラム

価値創造実践を通じた情報技術教育

Strategic education program

Value Creation Factory

東京工科大学は、技術者を養成する大学です。技術者の卵が成長し、幸福な人生を送れるよう、全力で応援しています。技術者が自らの価値をより高めてゆくためには、単に技術に精通しているだけはだめで、生み出した新しい技術が社会で有効に活用されるようになるまでのすべての過程を知り、それらに責任を持つ必要があります。新しい技術とそれを生み出した技術者の価値を決めるのは、社会だからです。社会にとって新たな価値を創造するのは、字のごとく、きわめて創造的なプロセスで、その習得こそが大学教育の神髄とも言えるものです。この観点から、コンピュータサイエンス学部の「戦略的教育プログラム」は、マイクロソフト社と連携し、学生が情報処理技術を使った価値創造を実体験する環境を提供します。たとえば、スタートアップに挑戦したい、オープンソースソフトウェアを開発して外部に公開したい、AIのプログラムやロボットを動かして国際会議で発表したいといった意欲ある学生が存分に力を発揮できる環境を整えるだけでなく、成果物を実際に外部に提供し、そのフィードバックを得られるようにすることにより、創造する力を鍛えるプログラムです。具体的には、学生からの提案に基づき、学部で内容を審査したうえで開発に必要なハードウェアやクラウドサービスなどの開発環境を提供するとともに、各分野の専門家から、成果物を外部提供して実社会との接点を築くための方法の指南を受けられるようにします。最終的には、たとえば、IPAの「未踏」チャレンジプログラムや、米国マイクロソフト本社への提案等が行えるようになることを目標としています。

田胡和哉 教授

意欲ある学生がポテンシャルを発揮できる環境を整えて、
ワールドワイドなチャレンジを後押しします!

詳細はこちら