キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスの紹介や学生生活に関する情報について

東京工科大学 HOME> キャンパスライフ> 新型コロナウイルス感染症の影響による、授業料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による、授業料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による、経済的負担を軽減するために授業料の減免を実施します

※授業料の支払いをしている主たる家計維持者の収入を対象とします。

※学生本人のアルバイト等の収入減は、この制度の対象となりません。

(1)減免対象

本学に在学する者(科目等履修生及び研究生は除く)のうち、次のいずれかに該当する者。

①コロナウイルスの影響を受け、家計支持者の所得が大幅に減少し授業料の納付が著しく困難であると認められる者。

②令和2年度中に休学をしていない者。

③上記②の学生のうち、学長が対象者と認める事由であると判断した者。

(2)選考基準

次のいずれかに該当すること。

①国や地方公共団体が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書(対象の公的支援は緊急小口資金、厚生年金保険料・労働保険料の納付猶予、国税地方税の納付猶予など、新制度の例に準ずる。)の提出ができること。

②事由発生後の所得(事由発生後の所得を証明する給与明細等の書類を基に合理的な方法で算出されていればよいものとし、例えば直近一ヶ月分を12倍するなどにより算出※。)が昨年(令和1年)の所得と比較し2分の1以下となっていること。

上記の※で算出した今年の所得見込みが、給与所得者の場合は841万円(給与所得者以外は355万円)以下であること。

(3)申請方法

以下の書類を、令和2年10月20日(火)(必着)までに、学務課へ提出してください。(厳守)

<(2)選考基準の①に該当する場合>

ア.令和2年度新型コロナウイルス感染症における>学費等減免申請書 → ダウンロード

イ.困窮程度が判断できる所得証明書又はこれに準ずる公的機関が発行する証明書(コピー可)
※緊急小口資金、厚生年金保険料・労働保険料の納付猶予、国税地方税の納付猶予など

ウ.申請する前年度(令和1年)の主たる家計支持者の、企業または公的機関が発行した証明書(コピー可)

※源泉徴収票、給与明細など


<(2)選考基準の②に該当する場合>

ア.令和2年度新型コロナウイルス感染症における>学費等減免申請書 → ダウンロード

イ.困窮程度が判断できる企業または公的機関が発行した所得を証明する書類(コピー可)
※給与明細など直近1か月分の収入がわかるもの

ウ.申請する前年(令和1年)の主たる家計支持者の、企業または公的機関が発行した証明書(コピー可)

※源泉徴収票、課税証明、確定申告書など

※自営業の場合は、令和元年分の課税証明書、>「自営業等の所得金額計算書」(⇒ダウンロード)、帳簿のコピー(連続した3か月分)を添付してください。

※留学生においては、主たる家計支持者の収入についての書類を提出してください。
(日本語でないものの場合には、和訳したものも添付してください。)

(4)授業料の減免率および減免方法

授業料減免は、減免対象期間中に納入すべき授業料の2分の1を免除することとし、後期の授業料を納付の際、授業料からその額を減ずることによって行う。なお100円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。

(5)減免期間

授業料の減免は申請年度限りとする。

(6)選考および選考結果について

(3)申請方法で提出された申請書類に基づき、選考委員による減免選考委員会において、選考いたします。
選考結果については、後日、申請された学生の保護者あて文書で通知いたします。

(7)申請書類配布場所

・上記の(3)申請方法のアよりダウンロード

・(八王子キャンパス)図書館棟2階学務課学費担当

・(蒲田キャンパス)3号館1階学務課学費担当

(8)申請書提出先

所属するキャンパスの学務課に提出をしてください。

郵送で提出する際の送付先

(八王子キャンパス)
〒192-0982
東京都八王子市片倉町1404-1
東京工科大学 学務課 コロナ減免担当係

(蒲田キャンパス)
〒144-8535
東京都大田区西蒲田5-23-22
東京工科大学 学務課 コロナ減免担当係