入試の傾向と対策 東京工科大学2020年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2022年度入試情報> 前年度(2021年度)入試の傾向と対策【英語】

東京工科大学 前年度(2021年度)入試の傾向と対策【英語】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

長文読解

出題されるのは400語程度の英文で、扱われるテーマは、自然科学系、人文科学系、雑学系と幅広いが、文体も含め、いずれも読みやすい題材である。多少抽象度の高い表現を含む部分もあるが多くはないので、落ち着いて丁寧に読めば十分理解できる。しかしながら、演習を行う上で文章を読む練習はある程度必要である。

語彙・文法・語法,整序英作文

語彙・文法・語法問題は、空欄に適切な語句を入れる4択問題となっている。一般的な文法問題、語彙・イディオム及び語法に関する問題に加え、文脈理解が必要な問題もあり、幅の広い対策をしておきたい。整序英作文問題は、5つの空欄に選択肢の語句を当てはめ英文を完成させる形式であり、日本文と文法力を総合して問題に臨むと解答しやすいだろう。

会話文

二人の会話が提示され、それぞれの空所に適切な発話表現を補充する形式の出題である。基礎的な口語表現の知識の他、会話の流れを正しくつかんでいるかどうかを測る問題が目立った。話の流れを丁寧に紐解きつつ、会話の状況を踏まえた上で選択肢を選ぶ必要がある。

学習対策


長文読解

長文読解問題に対処するためには、文章を読むことに慣れておく必要がある。今まで読んだことのある文章を苦労なく読めるようにしておくことは、演習を行う上での必須条件である。その上で、忘れていた語句などの見直しを通して語彙力を補修しつつ、一般的な問題集などを活用して、ある程度の問題演習を積んでおくと良いだろう。

語彙・文法・語法,整序英作文

単語集に取り組む場合でも、今まで取り組んだテキストにある語句は覚えておこう。文法に関しては、文法のテキストをもう一度紐解いて、その仕組みを理解することから始めておくと、演習も対策もスムーズに進む。意味・内容だけに偏らず、英文を作るルール(文法)の理解が整序英作文でも役に立つので、テキストや問題集の説明をしっかり読んで理解しておこう。

会話文

一般的な口語表現以外の会話文については、テキストや模試に付随しているリスニングの音声を文字に起こしたものを活用するのも一つの方法である。語句の意味を調べ、音声と一緒に何度も読みながら、会話の流れと状況をつかむ練習が効果的だ。音声・文字両方の情報を活用しよう。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。