入試の傾向と対策 東京工科大学2020年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2023年度入試情報> 前年度(2022年度)入試の傾向と対策【化学】

東京工科大学 前年度(2022年度)入試の傾向と対策【化学】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

出題形式

すべての日程で大問数は3題に統一されているが、各大問は中問2~4題に分けられていることが多い。解答数は44~55で、日程によってばらつきが見られる。出題形式は空欄補充形式で、語句・記号・数値・文字・化学式などを解答群から選ぶマークシート方式になっている。

出題内容

理論化学から2題,有機化合物または高分子化合物から1題という出題が中心であり,無機物質からの出題は少ない。理論化学では,「化学基礎」,「化学」のほぼすべての単元から幅広く出題される。また,実験操作に関する出題もみられる。同様に,有機化学・高分子化学からも幅広く出題される。特に高分子化合物は知識問題が主ではあるが,一部に計算問題も出題されるので,注意が必要である。

難易度

ほとんどの問題が基本~標準レベルとなっているが,一部に少し難度の高い問題も出題されている。ただ,難度が高いとはいうものの,そのほとんどは化学の基本原理や現象を正しく理解していれば十分に対応できる問題である。

学習対策


まずは教科書をマスターする

東京工科大学の入試問題は,基本的な知識や計算能力を試す問題と,思考力や考察力を試す問題がバランスよく配置されている。そのため,まずは教科書や資料集を用いて,基本原理や現象を正しく理解することが最も重要である。単に語句を覚えるだけではなく,なぜそのような現象が起こるのかもあわせて理解していくように心掛けるとよい。また,計算問題に関しても,単に公式にあてはめて終わりにするのではなく,法則の意味をきちんと考えるようにするとよい。

演習を積み重ねる

教科書の基本事項を一通りおさえたら,教科書傍用問題集や市販の問題集を使って,アウトプットを繰り返そう。間違えた問題に関しては教科書や資料集に立ち返り,もう一度確認して知識の修正を行うことが大事である。そして,同じ問題を完璧に解けるようになるまで繰り返した後は,別の問題集の似たような問題を解いてみることで実力向上に努めるとよい。

過去問による演習

東京工科大学の出題形式に慣れるためにも過去問演習は欠かせない。入試の直前には過去の入試問題を,きちんと時間をはかって解いてみることを忘れないようにしよう。出題形式に慣れることはもちろん,入試本番ではどのような順番で解いていくか戦略を立てるためにも,過去の入試問題の演習は欠かせない。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。