入試の傾向と対策 東京工科大学2020年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2022年度入試情報> 前年度(2021年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・A】

東京工科大学 前年度(2021年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・A】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

出題形式

出題範囲は数学Ⅰ・Aであり、出題形式はマークシートによって答えを完成させる形となっている。試験時間は他の選択教科と合わせた3教科を150分で解答する形であり、平均的に考えると数学の解答時間は50分である。例年大問3つからなる問題構成で、2021年度入試は大問1が3題、大問2が2題からなる小問集合、大問3は1つのテーマについて4~6題の設問に答える形であった。

出題内容

出題単元については、2021年度は数学Ⅰ・Aすべての単元から出題された。中でも「2次関数(数学Ⅰ)」、「整数の性質(数学A)」、「場合の数と確率(数学A)」は出題が目立った。特に「場合の数と確率(数学A)」は大問3での出題が多く、最重要単元と言えるだろう。

難易度

問題の難易度については、大問1と大問2は基本~標準レベルであるが、日程によっては解きづらい問題も含まれている。大問3は入試標準レベルの出題が多いが、2021年度入試は確率の最大値に関する問題が出題されるなど、やや応用的な内容の出題も見られた。難問や公式を当てはめるだけのような出題は少なく、設問の条件を整理して正解までの道筋を考えていくような問題が多い。また、工夫をしないと複雑な計算を強いられる問題の出題も見られる。

学習対策


全出題範囲の典型問題の解法を身につけよう

2021年度入試は数学Ⅰ・Aすべての単元からの出題があった。過年度をさかのぼっても偏りのない出題が見られるので、まずは全出題範囲について入試基本レベルの問題を解くことができる学力を身につけよう。教科書の章末問題を自力で解けるようになるのが一つの目安である。複数の単元にまたがるような融合問題は少ないので、各単元の典型問題の解法を一つずつ潰していくような勉強がよいだろう。

過去問の演習などを通じて時間感覚を身につけよう

小問の中には計算に時間がかかる問題もあり、試験時間が3科目で150分と短いので、一つの問題に手間取ってしまうとすべての問題に手をつける前に試験時間が終わってしまう可能性がある。過年度を含めた過去問を繰り返し演習し、時間感覚を身につけておこう。

「場合の数と確率(数学A)」の成否がポイント

場合の数と確率(数学A)」からの出題頻度が高く、この分野の成否が合否を分ける。東京工科大学の「場合の数と確率(数学A)」の問題は普段あまり見かけないスタイルの出題もあるので、解法の丸暗記のみでは対応できない可能性がある。答えの正誤だけでなく、“立式の根拠を自分で答えられるか”を意識しながら勉強するとよいだろう。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。