入試の傾向と対策 東京工科大学2019年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2019年度入試情報> 前年度(2018年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・Ⅱ・A・B】

東京工科大学 前年度(2018年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・Ⅱ・A・B】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

構成・出題形式

出題範囲は数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列,ベクトル)。3教科選択で試験時間は150分,解答はマークシートによる完成方式で,各日程とも大問3題の出題である。内訳を見ると,各日程とも大問1は小問3題からなる小問集合,大問2は小問2題からなる小問集合,大問3は1つのテーマに関する複数の設問で構成されている。

出題内容

大問ごとに見ると,大問1の小問集合は,主に微分積分や対数関数,図形やベクトルなどから出題されている。大問2の小問集合は,場合の数と確率,数列,三角関数などを中心に出題されている。大問3は,数学Ⅱあるいは数学Bの分野から出題されているが,やや数学Bの分野からの出題が多めである。

難易度

大問1,大問2は入試基本レベル,大問3は入試標準レベルとなっており,高度な知識や計算能力を必要とするものは見られない。しかし,機械的に公式を当てはめて得点につながるようなタイプの問題はあまり見られず,計算力と思考力とを比較すると,どちらかと言えば思考力を重要視する傾向がある。

学習対策


基礎の充実

東京工科大の入試問題はマークシート形式で,最終的な結果のみが要求されるものだが,数学的に正しい考察を前提としていることから,単に解法を暗記するのではなく,導出過程・証明過程も含めて丁寧に理解するようにしたい。また,使える試験時間は実質50分程度と多くないことから,手際のよい問題の処理能力を身につけておきたい。

「微分積分」は速く解く

この分野は計算中心と思われがちであるが,実際に試験で差がつくのは単純な計算力によるものではない。グラフや問題の条件を考え,対称性や整式の因数に注意しながら要領のよい計算を行う思考力が大切である。計算の巧拙によって,問題を解く時間に大きな開きが生じるので,単に「解ける」ことだけでなく「速く解ける」ことを目指して,十分な練習を積んでおきたい。

「漸化式」を得点源とする

東京工科大では漸化式をテーマとした問題がよく出題され,他の数列の問題と比較すると典型的であるものが多いので,解法のパターンの分類を各自で行うことでこれを得点源とすることが可能である。図形や確率との融合問題まで含めて、しっかりと演習を積み重ねておくとよいだろう。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。