オープンキャンパス・入試説明会&見学会

OpenCampus

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> オープンキャンパス・入試説明会&見学会> 6月18日(日)八王子キャンパス オープンキャンパス【応用生物学部】

6月18日(日) 八王子キャンパス オープンキャンパス
片柳研究所

2017年6月18日(日)に入試説明会+オープンキャンパスを開催します。本学を志望されている方はもちろん、これから大学選びをされる方もぜひご参加ください。

【内容】
●入試説明会(2018年度入試の詳細を発表します)
●学部・学科説明(各学部の学びの特徴を説明します)
●バーチャルキャンパスツアー(VRムービーでキャンパスを仮想体験できます)
●学科適性相談(希望学科の適正、および入試対策について大学の先生と相談できるコーナーです)
大学説明会/学部説明/入試説明会/模擬講義/体験コーナー/研究紹介/キャンパスランチ体験/キャンパスツアー/在学生(工科女子)相談コーナー/個別相談コーナー/学生会館(学生寮)見学/学生相談コーナー など
【時間】10:00(9:30受付開始) - 16:00(15:00受付終了) ※申し込み不要・入退場自由
【受付】片柳研究所1F エントランス
【対象学部】工学部/コンピューターサイエンス学部/メディア学部/応用生物学部



応用生物学部
応用生物学部

学部説明

■時間:11:30-12:00 / 14:00-14:30
■場所:片柳研究所 4F E403

研究室紹介

■時間:10:00-16:00
■場所:片柳研究所 2F、3F、4F、5F

3年夏以降に各研究室に配属された学生は、さまざまなテーマで研究を行います。それらの研究のおもしろさを紹介します。


生命科学・環境コース
健康を測る、健康を創る。 次世代ヘルスケア産業に貢献する技術開発、例えば、血糖値センサーチップ、がんマーカー解析装置等の開発を行っています。<『応用生化学研究室』:片柳研究所 5F KW511>
遺伝子組換えのためのDNA抽出 遺伝子組換え実験の基本となるDNA抽出を体験しましょう。透明な液体からDNAがフワッと現れます! <『応用生体科学研究室』:片柳研究所 5F KW503教室>
光る微生物を観察してみよう 環境汚染物質を検出するための、赤や緑に光る遺伝子組み換え微生物を観察してみよう<『バイオセンサー研究室』:片柳研究所 5F KW502教室>
医薬品コース
医薬品の酵素阻害を観察しよう! 医薬品の代表的な作用メカニズムのひとつである酵素阻害を観察し、医薬品への理解を深めよう!<『生体機能化学研究室』:片柳研究所 5F KW506教室>
目指せ!バイオ医薬品 自然免疫系で働くラクトフェリンというタンパク質に着目し、企業と共同でバイオ医薬品としての開発を進めています。<『生物創薬研究室』:片柳研究所 4F KW413教室>
がん細胞を顕微鏡で見る 「光る」がん細胞を顕微鏡で観察してみませんか。1つとして同じ形の細胞が無いことに、目を奪われます。<『機能性RNA工学研究室』:片柳研究所 5F KW505教室>
がんとゲノム安定性維持機構 がん化・老化におけるゲノム情報維持と発現に関する基礎研究と、がん治療・創薬への応用研究を、がん細胞株や抗がん剤等を用いて行います。<『疾患ゲノム制御研究室』:片柳研究所 9F KC907教室>
先端食品コース
青大豆の機能性と青大豆豆腐造り 青大豆の免疫機能についての解説と青大豆を用いた豆腐の製造実演<『免疫食品機能学研究室』:片柳研究所 2F KW205教室>
紅茶の香りを評価する 紅茶の香りのセンサリー評価(人の感覚で評価する)実験にチャレンジしてみましょう。<『食品フレーバー科学研究室』:片柳研究所 3F KW306教室>
食品の安全と安心を油脂から考える 当研究室では、油脂(あぶら)の劣化が原因となる食品の品質低下について調べています。また、新しい健康機能を持った油脂の開発を試みています。<『食品機能化学研究室』:片柳研究所 5F KW507教室>
先端化粧品コース
乳液を作ってみよう わずか1滴で水と油を乳液に変える「界面活性剤」。界面活性剤の種類によって全く性質の異なる乳液ができあがる不思議を体験できます。<『化粧品材料化学研究室』:片柳研究所 5F KW515教室>
肌を科学する 自分の肌の水分量や肌理(きめ)をみてみよう。また、色彩感受性もチェックしてみよう。<『美科学研究室』:片柳研究所 3F KW305教室>
頭皮診断とドラーヤー比較 ビジュアライザーで頭皮状態の診断を行います。また、髪のツヤが全く違うヘアドライヤーも体験してみます。<『皮膚生化学研究室』:片柳研究所 2F KW204教室>

■八王子キャンパス 過去の入試説明会・オープンキャンパス情報

【2018年】

【2017年】

【2016年】

【2015年】