理学療法学科/医療保健学部/大学・大学院案内

理学療法学科について

理学療法士は、リハビリテーション医療において、その専門性を駆使して障害を持つ人たちの運動機能を回復させ、生き生きと生活できるようにサポートする役割を担います。チーム医療を支える実践的な理学療法士を育成するため「3C」スキル教育を軸に、リハビリの知識や能力を獲得することにとどまらず、人々が豊かで質の高い生活を送るためには何が必要なのかを理学療法の立場から追究していきます。そのため経験豊富で高い専門性を有する教員、先進医療機器、学生の理解に応じて進められるきめ細かい授業など、精選された学修環境を用意。さらに、多彩な臨床実習施設における実習にも力を入れ、具体的な知識・技術の進歩・発展をめざします。

理学療法学科イメージ

学部紹介ビデオ

理学療法士は、身体に障害を抱えた患者さんなどに対し、関節可動域の改善や筋力トレーニングなどの運動療法を行って、身体機能の改善を促す専門職です。理学療法学科では、幅広い教養や解剖学・生理学など基礎教育を重視しつつ、学内での実習、病院実習を経験。専門家として十分な医療知識と治療技術を持つ理学療法士を育成するのはもちろん、医療人としての知性と感性のほか、患者さんに温かく接する態度やコミュニケーション技術についても学ぶことができます。

専門教育科目・専門科目

専門基礎科目

専門基礎科目は3つの分野から構成されています。ひとつは人体の構造と機能、心身の発達に関する分野。理学療法の専門科目を学ぶうえで基礎となる「解剖学」「生理学」「キネシオロジー」「人間発達学」などを学修します。2つめは疾病と障害の成り立ちおよび回復過程の促進に関する分野です。「病理・組織学演習」「整形外科学」など、医療に従事する理学療法士にとって不可欠な科目を学びます。3つめは「リハビリテーション医学」「リハビリテーション工学」「生命倫理」など、グローバルな視点から理学療法を捉え、保健・医療・福祉の推進と理学療法士の社会的責務の理解を目的とします。

主な専門基礎科目
キネシオロジー

骨・関節・筋・神経系を中心とする人体構造学・生理学をもとに、人体の正常な動きと仕組みを理解します。

リハビリテーション工学

リハビリテーション領域に応用されている工学的知識・技術を理解し、人間の歩行・動作を解析する基礎を身につけます。

神経内科学

血管障害、代謝障害、中毒、感染、遺伝などが原因で引き起こる脳神経と筋肉の疾患を、病態と診療の概要、リハビリテーションとの関連から理解します。

専門科目

専門科目は5つの分野から構成されています。専門科目の特色としては、①基礎理学療法では、理学療法の枠組みと理論を理解し、系統的な理学療法を構築する能力を養います。②理学療法評価は、基本的な評価方法を理解し、併せて専門領域別に学修を発展させていきます。③理学療法治療は、これまで学んだ理学療法評価学に基づき、障害に対する理学療法に必要な専門的知識と治療技術を修得します。④地域理学療法では、対象者の家庭や職場、地域における生活を支援していくために必要な知識や技術の修得が目的です。⑤臨床実習では、学んできた知識や技術を統合し、現実の理学療法にそれらを適合する臨床実習を行います。

主な専門基礎科目
内部障害系理学療法学

循環器、代謝、呼吸器の各疾患および障害の予防と治療の目的・効果を学び、その適応・手技・リスク管理についての知識を深めます。

内部障害系理学療法学イメージ

スポーツ科学理学療法学演習

理学療法の視点で健康、スポーツ活動の支援やスポーツ外傷・障害を予防・治療できるよう、その方法論を学びます。

スポーツ科学理学療法学演習イメージ

マニュアルセラピー実習

徒手理学療法の基本となる触診技術を学ぶとともに、臨床推論をベースにした神経筋骨格系に対する評価および基本的治療技術の理論と知識を理解します。

神経系理学療法学

脳損傷の発症と病態、急性期での治療と全体の医療的ケアの基本事項について学ぶとともに、中枢神経系疾患の理学療法評価と治療の概要を理解します。

取得可能な資格

  • 理学療法士国家試験受験資格

卒業後の進路

国公立・大学病院や総合病院をはじめとする医療機関/身体障害者(児)福祉施設/介護老人保健施設/保健所/都道府県、市町村(保健部門)/大学院進学 ほか

大学の最新情報はこちらから請求できます

資料請求はこちら

2015年度入試完全攻略<第一弾> 工科女子
公募推薦入学について 全国進学相談会

ページTOPへ