理学療法学科/医療保健学部/大学・大学院案内

理学療法学科について

理学療法学科は、リハビリテーション医療の中心として活躍する理学療法士を育成します。

理学療法士は、リハビリテーション医療の要であり、高い専門性が求められます。具体的には、病気やケガで身体に障害を持った人たちの運動機能を回復させ、生き生きと生活できるようにサポートする役割を担います。チーム医療を支える実践的な理学療法士の育成を図るとともに、医療のみならず保健・福祉・スポーツ・教育などに対応できる人材を育成。総合大学という特長を活かした、科目実習、臨床実習、学内・学外と連携して行う共同研究など、多くのネットワークを通じて高度な医療技術の習得が可能です。

理学療法学科イメージ画像

学科紹介ビデオ

 理学療法士は、身体に障害を抱えた患者さんなどに対し、関節可動域の改善や筋力トレーニングなどの運動療法を行って、身体機能の改善を促す専門職です。理学療法学科では、幅広い教養や解剖学・生理学など基礎教育を重視しつつ、学内での実習、病院実習を経験。専門家として十分な医療知識と治療技術を持つ理学療法士を育成するのはもちろん、医療人としての知性と感性のほか、患者さんに温かく接する態度やコミュニケーション技術についても学ぶことができます。

専門科目

専門科目イメージ画像
内部障害系理学療法学
ICUから地域在宅までの臨床現場で実際に役立つ知識と技術を臨床データを使用し実践さながらに学びます。臨床で使える真の実力を身につけることが目標です。
スポーツ科学理学療法演習
スポーツ科学理学療法演習
スポーツ傷害における治療プロセスの理解、検査・測定・評価の進め方、評価を治療計画に結びつける統合評価、および治療の成果について学びます。
キネシオロジー演習
キネシオロジー演習
人体のさまざまな運動・動作を3次元動作解析装置、筋電計および等速運動測定機器などを用いて分析し、理学療法士に必要な運動学の実践的知識を習得します。

めざす就職・資格

取得できる資格

理学療法士国家試験受験資格

就職分野

国立・大学病院などをはじめとする医療機関、身体障害者(児)福祉施設、介護老人保健施設、保健所、市町村(保健部)、大学院進学 ほか

主な就職先【片柳学園実績】

三菱京都病院、昭和大学病院、埼玉医科大学病院、長野十字病院、足利赤十字病院、戸田中央総合病院、東京西徳洲会病院、三井記念病院、日本医科大学武蔵小杉病院、横浜市立大学附属病院、東海大学医学部付属病院、杏林大学医学部付属病院、脳健クリニック、慶應義塾大学病院、東京医科大学八王子医療センター、北里大学病院、NTT東日本関東病院、大和市立病院、川崎幸病院、あかね会、横浜市立みなと赤十字病院、 茅ヶ崎徳洲会総合病院、新東京病院、音羽記念病院、榊原記念病院、武蔵野赤十字病院 ほか(順不同)

大学の最新情報はこちらから請求できます

資料請求はこちら

ページTOPへ