コンピュータサイエンス学部

School of Computer Science 八王子

音声&画像処理研究室(大石研究室)

研究内容

音声&画像処理研究室(大石研究室)
クリックで拡大
東日本大震災による原子力発電所の事故により、再生可能エネルギーが見直され、各地で風力発電所の建設が進められている。ところで、風力発電所を人家に近接して建設した場合、低周波騒音により、近隣住民に目眩・動悸・耳鳴りなどの健康被害が起こることが報告されている。同様に、ヒートポンプ式給湯機の室外機から発生する低周波騒音が近隣住民の睡眠に悪影響を及ぼすことが指摘されている。
騒音を低減する方法として適応制御が知られている。これは騒音と逆位相の音を生成して、干渉によって騒音を低減するものである。逆位相になるように音を生成するために、通常、磁力によって間接的に駆動するスピーカが使用される。しかし、磁力駆動による方法は、機械インピーダンスが低く、最低共振周波数域において位相遅れが生じるという技術的な課題が存在する。そこで、本研究室では、音源に忠実で、大音量の超低音を再生するため、超音波モータを駆動に用いたスピーカの開発を目的とする。
研究室自慢

研究成果については、オープンキャンパス、日本音響学会春季研究発表会会場などで超音波モータ駆動スピーカのデモンストレーションを実施し、聴者と意見交換を実施している。

研究テーマ

1.ブラインド音源分離の研究
2.DS/CDMA 通信方式のためのブラインド受信機に関する研究
3.超音波モータを駆動に用いたスピーカの開発
4.自動採譜に関する研究

プロジェクト独自ページ

http:// http://www.olab.cs.priv.teu.ac.jp/asipl/research/

研究キーワード
低音再生用スピーカ , ホーンスピーカ , 超音波モータ , 信号処理 , 音響 , 音源分離 , 自動採譜
担当教員
准教授
大石 邦夫/オオイシ クニオ/OISHI, Kunio
専門分野:信号処理、電子回路