東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> 材料物理化学(高橋 昌男)研究室

工学部

School of Engineering 八王子

材料物理化学(高橋 昌男)研究室

研究内容

材料物理化学(高橋 昌男)研究室
クリックで拡大
サステイナブル工学を支える新しい固体無機材料の創製を目指し、新規の反応性プロセシングの開発と機能性解明を行っています。環境負荷の低い材料開発のために、湿式プロセスや気相プロセスにおいて、反応場で生成させた反応活性化学種による反応性プロセシングが重要になります。反応性プロセシングにより室温でオキシナイトライド薄膜が形成できます。また、金属とアニオン種を共複合化することで、これまでに無い機能性をもつ材料を創製し、その物性を調べ、機能発現メカニズムの解明を行っています。機能発現メカニズムを解明するためには、X線を探針とした分光法を中心に、第一原理計算の助けを借りて、化学結合状態や結晶構造、化学種の存在状態を調べ、ミクロの目でマクロな性質を理解する研究を行っています。サステイナブル材料化学の基盤となる物理化学的指導原理の確立を目指し、研究を進めています。

研究テーマ

・新規アニオン複合型薄膜の創製と誘電特性
・グリーンエネルギー材料の創製研究
・生体適合性を持つアニオン複合型薄膜による表面改質
・X線分光法による機能性材料の化学状態解析
・第一原理理論計算による機能性材料の電子状態解析

研究室の独自ページ

材料物理化学研究室(高橋 昌男)

研究キーワード
再生可能エネルギー , 自然エネルギー , 機能性材料 , XPS , XAFS
担当教員
教授
高橋 昌男/タカハシ マサオ/TAKAHASHI, Masao
専門分野:固体化学、表面科学、材料科学