東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> ヒューマンメカトロニクス(松尾・上野)研究室

工学部

School of Engineering 八王子

ヒューマンメカトロニクス(松尾・上野)研究室

研究内容

ヒューマンメカトロニクス(松尾・上野)研究室
クリックで拡大
家庭やオフィスでの安心・安全・快適化、工場や福祉現場、極限探査や被災地探索での作業支援など、さまざまな場面・用途で、人と密接に関わるロボットや知能機械システムの活躍が期待されています。このようなメカトロニクスシステムは、人の認知特性・知覚運動特性に合わせて、人の意図を忠実に反映するように、賢く安全に機能することが重要です。そこで当研究室では、直接人に接して協調・支援するメカトロニクスシステムと、人の特性をふまえた実現手法について研究しています。
• 人のそばで、人と関わり、人の役に立つメカトロニクスシステム
• 人のふるまいや生体信号を分析して「意のままになる」システムの実現に活かす方法
なお、ロボットコンテストを題材とする創造プロジェクト教育にも力を入れています。

研究テーマ

・生体信号による人の特性の解析
脳波や筋電情報を利用して、ユーザーの意のままになる操作系・制御系のヒントをさぐる
・パーソナルエージェントロボット
家庭内どこでもユーザーについてきて、知的情報端末として働くロボット:例えば、必要なときそばにいる万能自走リモコンになったり、見守り・警戒や、日常行動への助言を行なうヘルパーロボット
・ウェアラブルメカトロニクス
装着型機器:例えば、モータシューズ(両足に履く、静止・歩行・走行どのモードでも有効に機能するパーソナルモビリティ=個人用移動機械)
・全方向移動ロボット
前後左右様々な方向へ移動可能なロボットおよび操作支援システムの研究
・パワーアシスト制御
移動機器の操作負担を軽減可能なシステムの開発,および人の特性を考慮したコントローラによる操作性改善の実現

研究室の独自ページ

https://sites.google.com/site/mylabteu/

研究キーワード
作業・生活支援メカトロニクス , パーソナルエージェントロボット , パーソナルモビリティ , ウェアラブルメカトロニクス , 運動計測制御
担当教員
教授機械工学科長
松尾 芳樹/マツオ ヨシキ/MATSUO, Yoshiki
専門分野:制御工学,メカトロニクス,ヒトの制御特性解析,作業支援ロボットなどの対人協調制御,群システムの自律分散制御,ロボコン型創造性教育
助教
上野 祐樹/ウエノ ユウキ/UENO,Yuki
専門分野:制御工学,ロボティクス