工学部

School of Engineering 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> 感性応用開発(高橋 秀智)研究室

感性応用開発(高橋 秀智)研究室

研究内容

感性応用開発(高橋 秀智)研究室
クリックで拡大

 近年の製品開発では、高い性能を持つ製品をできるだけ安く、そして短期間に開発する必要があります。さらに製品自体の性能として、例えば加速性能や燃費などの数値で表すことのできるものだけではなく、携帯電話や家電製品の操作性やさわり心地、自動車の内装の質感など、利用者の感覚をも考慮した設計が行われています。これらの評価を行うためには、現状では実際のモノを用意して、それらを多数の人に操作してもらい評価を行っています。これらは、非常に時間がかかるため、そのような評価を効果的に行う必要があります。
 本研究室では、製品開発の際に必要となる人の感覚を用いた評価を効率的に行うために、人工的にモノに触れた感覚を提示するためのシステムや、設計途中のたとえば携帯電話やデジタルカメラの操作性(ユーザビリティ)を評価できるシステムの研究などを行っています。

研究テーマ

・触覚提示システム
・バーチャルリアリティ
・感性評価
・ユーザビリティ

研究室の独自ページ

研究キーワード
マンマシンインターフェース , バーチャルリアリティ , 触覚提示 , 感性
担当教員
教授
高橋 秀智/タカハシ ヒデトモ/TAKAHASHI, Hidetomo
専門分野:CAD/CAMシステム,ヴァーチャルリアリティ,マンマシン・インタフェース