工学部

School of Engineering 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> 材料グリーンプロセス(古井)研究室

材料グリーンプロセス(古井)研究室

研究内容

材料グリーンプロセス(古井)研究室
クリックで拡大

私達の身の周りにある多くの工業製品は金属からできています。その作り方によって、工業製品の特性やデザインは大きく変わってきます。材料グリーンプロセス研究室では、省エネ・省資源・リサイクルを目指した新しい材料加工・成形プロセスの設計開発を通じて、サステイナブル社会の実現に貢献してゆきます。また、材料工学は科学技術の基盤をなすコアテクノロジーであり、機械工学の中でも身近で最先端な領域です。省エネ・省資源・リサイクルに配慮した金属・合金の最適設計・高次機能制御をダイナミックに展開してゆきます。

研究テーマ

・ねじりをコアとする多機能・高性能塑性加工プロセスの開発
多機能で高性能な金属素材を製造する新しい方法として、ねじりを既存の塑性加工に先立って実施する、ねじり調製プロセスを提案しています。

・ねじり・ねじり戻し調製による超軽量・高強度ねじの成形
ねじりやねじり戻し調製を加え、成形に適したミクロ組織・構造を作り込むことによって、室温でもきれいなねじ山が成形できることを明らかにしています。

・超軽量マグネシウムーリチウムの高次設計
水に浮く合金として知られる超軽量Mg-Li合金の用途をさらに広げるべく、合金組成,プロセス因子,腐食・防食の高次機能制御・最適設計を積極的に推進しています。

研究室の独自ページ

研究キーワード
ねじり・ねじり戻し , 結晶粒微細化 , 結晶方位ランダム化 , 高強度化 , 高延性化
担当教員
教授
古井 光明/フルイ ミツアキ/FURUI, Mitsuaki
専門分野:材料工学、材料プロセッシング、組織制御、電磁気冶金