工学部

School of Engineering 八王子

知性材料工学(三田)研究室

研究内容

知性材料工学(三田)研究室
クリックで拡大

様々な製品に利用されている金属材料は、それぞれの材料が持つ性質(特性)が活かされるような使い方がされなければなりません。本研究室ではこのような金属材料の特性や応用(利用法)について研究しています。また、他とは異なる特性を持った新しい合金が今も数多く開発されています。それらの中には興味深い特性を示す材料があります。形状記憶合金(SMA)もその一つです。右の写真はSMA をアクチュエータとして用いた応用の一例です。これはSMAを加熱したときに発生する大きな力を利用したエンジンで、偏心させた2枚の円板間に放射状にSMAコイルばねを取り付けています。このエンジンは温水と冷水を放水すると回転します。このように実際に装置を製作して評価するとともに、コンピュータによる数値解析もおこないます。

研究テーマ

・形状記憶合金を用いたロボットアームの研究
・形状記憶合金アクチュエータの出力特性制御
・形状記憶合金のマルテンサイト変態挙動の数値解析
・組合せ応力状態における材料試験
・ウォータージェット切削に関する研究

研究室の独自ページ

研究キーワード
材料試験 , 組合せ応力 , 疲労 , 数値解析 , 形状記憶材料
担当教員
准教授
三田 俊裕/ミタ トシヒロ/MITA, Toshihiro
専門分野:材料工学、疲労