東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 工学部> 工学部 研究室一覧> センシング技術活用(天野)研究室

工学部

School of Engineering 八王子

センシング技術活用(天野)研究室

研究内容

センシング技術活用(天野)研究室
クリックで拡大
「測る」ことによって人や機械は事象を正確・客観的に把握できます。サステイナブル工学においても、環境への影響や人への効果などを計測することが重要な役目を担います。近年の技術進歩により小型・低消費電力・低価格となったセンサーをあらゆる場所に設置し、インターネットに代表される通信網を介して膨大な量の情報を獲得することも可能です。本研究室では、このような時代に適した、総合的なセンサーの活用を実現できる人材の育成を目的としています。このためセンサーおよびその周辺の電気・電子回路、通信およびデータ処理について学ぶこととなります。

研究テーマ

・プライバシーに配慮した生活見守りの実現
・公共施設における個人識別とその応用
・教育支援のための所在・学習状況モニタリング

研究室の独自ページ

研究キーワード
センサー , センシング , モバイル , インターネット , データ処理
担当教員
准教授
天野 直紀/アマノ ナオキ/AMANO, Naoki
専門分野:画像処理・認識(ロボットビジョン)、モバイルアプリケーション、教育支援システム