メディア学部/大学・大学院案内

メディア学部について

  • 東京工科大学メディア学部公式ソーシャルメディア 東京工科大学メディア学部 Official FACEBOOK 東京工科大学メディア学部twitter@tut_media 東京工科大学メディア学部official_BLOG
  • 八王子
メディア学部

メディア学部はこの春から、3つの魅力的なコースを持つ新・メディア学部へと生まれ変わります。これまでも日本で初めて設立されたメディア学部として革新的な教育や研究を展開してきましたが、今後はさらに多彩なメディア基礎技術の習得や専門教育を通じて、21世紀のメディア社会を支える創造性豊かな人材育成に力を注ぎます。

産業界で活躍している講師の方々を招いて「ライブ・エンタテインメント論(2014年度後期)」開講のお知らせ

CEDEC2014

8年目をむかえる本講座は、東京工科大学メディア学部と一般社団法人コンサートプロモーターズ協会とが産・学提携によって「産業界が求める実践的な教育の実現」を目指し開講します。


■産業界で活躍している講師の方々を招いて「ライブ・エンタテインメント論(2014年度後期)」開講のお知らせ
http://www.teu.ac.jp/information/2014.html?id=235

国際会議ADADA2014でBest Poster賞受賞(韓国の企業、大学院メディアサイエンス専攻卒業生らとの共同研究成果)

Asia Digital Art and Design Association/Best Poster賞

2014年11月15、16日に行われたADADA2014(Asia Digital Art and Design Association)でポスター発表において、メディアサイエンス専攻を卒業したTaegun KIM君、三上浩司准教授近藤邦雄教授らがBest Poster賞を受賞しました。


■国際会議ADADA2014でBest Poster賞受賞(韓国の企業、大学院メディアサイエンス専攻卒業生らとの共同研究成果)
http://www.teu.ac.jp/information/2014.html?id=282

安本匡佑メディア学部助教と本学メディア学部学生らがMashUpAwards10においてそれぞれ受賞

MashUpAwards10

日本最大のアプリサービスコンテストであるMashUpAwards10において、安本 匡佑メディア学部助教とメディア学部4年中川原真由子さんがをそれぞれ受賞しました。



■安本匡佑メディア学部助教と本学メディア学部学生らがMashUpAwards10においてそれぞれ受賞
http://www.teu.ac.jp/information/2014.html?id=278

CEDEC2014にメディア学部三上准教授と岸本准教授が登壇、メディア学部生らが出展

CEDEC2014

2014年9月2日から4日にかけて、パシフィコ横浜において開催された、日本最大のゲームの技術カンファレンス「CEDEC2014」(主催:CESA)に、メディア学部三上准教授、岸本准教授が登壇し、メディア学部生が研究成果を出展しました。



■CEDEC2014にメディア学部三上准教授と岸本准教授が登壇、メディア学部生らが出展
http://www.teu.ac.jp/information/2014.html?id=217

メディア学部 相川 清明 教授の取材記事を掲載

メディア学部 相川 清明 教授

メディア学部 相川 清明 教授の取材記事を「大学の学びはこんなに面白い!」に掲載しました。


■新しいメディア学部で確かな基礎力と専門技術を身につけ、幅広いメディアに対応できる人になろう!
http://www.teu.ac.jp/topics/2014.html?id=113

学部紹介ビデオ

メディア学部は、日本で最初に誕生したメディア学のパイオニアとして、革新的な教育・­研究を展開。メディア社会を牽引してきました。
メディア基礎技術を確実に身につけた上で学習する3つのコースは、関心の対象や領域別­に分類。将来の進路や可能性を広げる自由度の高いカリキュラムとなっています。
確かな基礎力と先端技術の修得によって、21世紀のメディア社会に様々なかたちで貢献­できる創造性豊かな人材を育成します。

メディア学部の特長・新3コース


詳細はこちら

「2015年度入試 2教科選択から3教科選択に変更」

2015年度入試から3教科選択に変更し、理科が選択科目になります。

詳細はこちら

学びの中心に確かな基礎がある体系的カリキュラム。

メディア学部の大きな特徴は、最初に全員が技術中心の基礎科目をしっかり学べることにあります。基礎を確実に身につけられるので、高校時代に文系であっても理系であっても、自らの興味や目標に応じてさまざまなメディア分野へ進むことが可能です。3つのコースから関心や領域別に科目を選ぶことができ、カリキュラムは一人ひとりの意欲的な学習や研究の発展を可能にする自由度の高いものとなっています。

メディアコンテンツコースメディアコンテンツコースメディア技術コースメディア技術コースメディア社会コースメディア社会コース
多様な応用への背景となるメディア学の基礎を全員が学べます。
基礎科目

ゲーム数学入門 データ分析 ソーシャルリサーチ ビジュアルコンピューティングの数理入門 視聴覚情報処理の基礎 インターネットシステム入門 メディア基礎演習Ⅰ メディア基礎演習Ⅱ

メディア学部の求める学生像

学生像

1999年に日本で最初に誕生した“元祖メディア学部”が築いた実践教育のもと、技術革新が著しいインターネット世界を豊かに彩るメディアコンテンツについて、広い知識と制作・配信技術を修得していこうとする、高い意欲を持った学生を求めます。

メディア学部のカリキュラム

2年次前期までは、メディア学を俯瞰しながら学習基盤を固める専門基礎教育科目やメディア基礎演習、そして豊かな教養や社会人基礎力を養う教養教育科目を中心に学びます。2年次後期からは、各自が2コースを選択して専門教育科目やメディア専門演習を履修し、3年次後期からはコースを決定し、より専門性を高めていきます。4年間の総仕上げとして、卒業研究プロジェクトに望みます。

1年から学べるプロジェクト演習

実践と挑戦を重視するメディア学部の特徴を体感できる科目が、1~3年生の学生が専門性の高いプロジェクト演習です。多様なテーマのもと、充実した環境を活用しながら将来につながる貴重な実践経験を積むことができます。

メディア学部の施設紹介

DMCスタジオ
未来が広がる国際交流

メディア学部をめぐる注目のキーワード

  • ●eラーニング
  • ●ディジタル映像制作
  • ●スマホアプリ
  • ●情報検索
  • ●デジタルサイネージ
  • ●アニメーション
  • ●3Dコンピュータグラフィックス
  • ●ゲーミフィケーション
  • ●コンピュータ音楽

大学の最新情報はこちらから請求できます

資料請求はこちら

センター利用試験前期 一般入試A日程 工科女子 メディア職業図鑑 A.C.P.C.寄付講座

ページTOPへ