応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

食品フレーバー科学(高柳勉)研究室

研究内容

食品フレーバー科学(高柳勉)研究室
クリックで拡大
食品の味や香りのもととなる物質を研究しています。食品に含まれる、味や香りを有する物質を探索し、その化学構造や性質を明らかにします(フレーバー化学)。ひとの感覚を用いて、食品の味や香りを測定します(センサリー評価)。将来は、これらの研究から得た情報を、食品の品質管理や新しい食品の開発に活かしたいと考えています。
研究テーマ

1.ワインの味や香りを形成する物質の解明
2.紅茶の味や香りを形成する物質の解明

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
食品科学
担当教員
教授
高柳 勉/タカヤナギ ツトム/TAKAYANAGI, Tsutomu
専門分野:果実生理学、ワイン科学、食品科学