応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

生命情報(村上勝彦)研究室

研究内容

生命情報(村上勝彦)研究室
クリックで拡大

測定技術の進歩によってDNA配列をはじめバイオデータの大きさは急激に増加しています。これらのデータをうまく生かすためには、コンピューターを使った解析が必須です。私たちの研究室では、実験データの解析を簡単・正確にするためや計算方法とソフトウエア(アプリ)の研究開発、それらを使っていろいろな生物の細胞のなかにある生命の設計図DNA配列の意味付けを行っています。

多くの生物のDNA配列を比較することで進化の解明をする研究もしています。さらに、個人の遺伝情報(ゲノム情報)の違いが、薬の効き方にどう影響しているかを予測できる技術をめざし、タンパク質や薬などの分子相互作用実験データをおさめたデータベースを開発したり、それらから新たなルールや全体像をとりだす方法の研究をしています。

研究テーマ

・進化の系統や仕組みを解明する研究
・文献にある知識をデータベースへ効率的に格納する技術の研究
・DNA変異がタンパク質や化学反応を経て疾患などの表現型へどう影響するかを推論する研究
・タンパク質や分子の相互作用を予測する技術の研究
・人工知能をもちいたタンパク質機能など予測方法の研究

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
バイオインフォマティクス , 進化系統解析 , ゲノム , 創薬 , 分子タンパク質相互作用
担当教員
准教授
村上 勝彦/ムラカミ カツヒコ/MURAKAMI,Katsuhiko
専門分野:バイオインフォマティクス、データベース、データマイニング