応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

生命ナノ工学(村松宏)研究室

研究内容

生命ナノ工学(村松宏)研究室
クリックで拡大
生命ナノ工学研究室では、分子レベル・ナノレベルの視点から、バイオテクノロジー・医療分野の発展に貢献する新技術の開発を目指して研究を行っています。主に、分子レベルでの解析と培養細胞を対象に研究を進めています。分子レベルでの解析では、原子間力顕微鏡などのナノ計測技術を活用したDNA分子と抗癌剤の相互作用の解析やヘモリシンを用いるDNA分析技術の研究、さらに、マイクロ3Dプリンターを用いるDNA分子操作用マイクロマシンの構築を進めています。培養細胞を用いる研究では、培養細胞を用いる水晶振動子センサーによる抗ガン剤スクリーニング法の研究や3Dプリンターを用いる3次元培養法の研究、温度感応性自己組織化膜を用いる細胞シート作製法の研究、細胞シート移送デバイスの研究なども行っています。(細胞シートについては医療保険学部・苗村准教授と共同研究を行っています。)
研究テーマ

1.原子間力顕微鏡によるDNA分子と生体関連分子との相互作用の解析
2.マイクロ3DプリンターによるDNA分子操作用マイクロマシンの構築
3.培養細胞を用いる水晶振動子センサーによる抗ガン剤スクリーニング法の研究
4.3Dプリンターを用いる3次元培養法の研究
5.ヘモリシンタンパクのDNA分析への応用

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/muramatsu_lab/

研究キーワード
センサー , ナノテク , 原子間力顕微鏡 , マイクロ3Dプリンター , 水晶振動子センサー , 3次元培養 , 細胞シート , DNA , 抗癌剤
担当教員
教授
村松 宏/ムラマツ ヒロシ/MURAMATSU, Hiroshi
専門分野:バイオナノテクノロジー、生物計測工学、マイクロ・ナノ加工、電気化学計測