東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 応用生物学部 研究室一覧> バイオナノテクノロジー(村松宏)研究室

応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

バイオナノテクノロジー(村松宏)研究室

研究内容

バイオナノテクノロジー(村松宏)研究室
クリックで拡大
バイオナノテクノロジー研究室では、最新の機器を活用することで、1分子レベル、極微量の試料を対象に研究を行っています。特に、ナノ計測技術を活用したDNA分子の相互作用やシーケンシング技術の開発、抗ガン剤の作用・評価法の研究を進めています。さらに、ナノ化食品等の物性評価の研究も行っています。

研究テーマ

1.DNA分子と生体関連分子との相互作用を1分子レベルで調べる.
2.抗ガン剤の効果を培養細胞を用いて調べる.
3.DNA分子を直接操作するマイクロマシンを作る.
4.ナノ化食品・化粧品の性質を調べる.
5.バイオナノテクノロジーに用いる計測システムを開発する.

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/muramatsu_lab/

研究キーワード
センサー , ナノテク , 生体計測
担当教員
教授
村松 宏/ムラマツ ヒロシ/MURAMATSU, Hiroshi
専門分野:バイオナノテクノロジー、生物計測工学、マイクロ・ナノ加工、電気化学計測