メディア学部

School of Media Science 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> メディア学部> メディア学部 プロジェクト一覧> 音と音声によるインタラクション(相川研究室)

音と音声によるインタラクション(相川研究室)

研究内容

音と音声によるインタラクション(相川研究室)
クリックで拡大
音や音声を使ってコンピュータを快適に便利に使う研究をしています。
音や音声を使ってコンピュータを操作する。
擬音語や擬態語を使って、従来の音声検索では検索できなかった図案や効果音を検索する。
音、音声、絵、色を組み合わせ、伝えたい情報を送り手の気持ちも含めて表現する。
いい音やいい声の秘密を探る。
研究テーマ

音声検索 ~音声でLINEスタンプなどの図柄パターンや効果音を検索~
感性表現による効果音検索 ~楽しい、恐怖などの感性で効果音を検索~
メディア変換 ~色を音色に~
声質診断 ~音響分析で話し方や声の質を診断~
視聴覚心理 ~音と映像の相互作用の分析~

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/media/~aik/lab/index.html

研究キーワード
音声 , 音響、コミュニケーション , 情報検索 , インタラクション , インタフェース , 感性
学生の学会発表・受賞

・土井 一樹,相川 清明,濱村 真理子, "交通系IC カードのタッチ音のサウンドデザイン", 日本音響学会講演論文集, 1-4-12 pp.1197-1200, 2017-03-15.


・大澗 征人,相川 清明,濱村 真理子, "癒しを想起させる音の特徴分析", 日本音響学会講演論文集, 1-4-16 pp.1213-1214, 2017-03-15.


・槍木 千晶,濱村 真理子,相川 清明, "和音の知覚精度が低下する周波数域の分析", 日本音響学会講演論文集, 2-7-3 pp.407-408, 2017-03-16.

担当教員
教授
相川 清明 / アイカワ キヨアキ / AIKAWA, Kiyoaki
専門分野: マルチモーダル対話インタフェース、視聴覚情報処理、音声認識