メディア学部

School of Media Science 八王子

相互行為とメディア(山崎研究室)

研究内容

相互行為とメディア(山崎研究室)
クリックで拡大
エスノメソドロジーと相互行為分析を用いて、人と人、人とモノとの相互行為を詳細に研究する。例えば、外国人の子供と日本人の保育士の関係やミュージアムでガイドがどのように観客に話をするかを、当たり前から驚きを見いだします。そしてその結果を、テクノロジーを通じて、社会の支援に反映する。今回は、社会的絆の確立に、テクノロジーがどのように貢献するかを分析する。
研究テーマ

・ミュージアムにおける相互行為分析
・ワークプレース研究
・高齢者施設における相互行為分析
・保育園における相互行為分析
・テクノロジーを介した相互行為の分析
・社会的絆の相互行為分析

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
相互行為分析 , 会話分析 , エスノメソドロジー , 表象 , ワークプレース研究 , 社会的絆
担当教員
准教授
山崎 晶子 / ヤマザキ アキコ / YAMAZAKI, Akiko
専門分野: ヒューマンコミュニケーション、社会学、相互行為分析