東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> メディア学部> A.C.P.C.寄付講座ゲスト講師インタビュー> REC.013 望月孝洋さん(経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長補佐)

メディア学部

School of Media Science 八王子

REC.013 望月孝洋さん(経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長補佐)

2014年1月7日開催

season2

講義テーマ『狭い意味のコンテンツだけにとらわれず、大きな流れの中で活躍の場を見つけて欲しい』

東京工科大学メディア学部と一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C.)とが産学提携によって開講されている寄附講座「メディア特別講義Ⅱ・ライブ・エンタテインメント論」。 本講座は、将来のライブ・エンタテインメント業界を担う人材の育成を目的にスタートさせたものです。2013年度も業界のトップランナーによる講義が予定されています。
学生たちにとって就職に役に立つ話の他、将来に社会人として仕事にどう向き合っていくのか、社会人の大先輩からヒントをいただきます。

 

望月 孝洋さん

REC.013 望月 孝洋さん
経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長補佐


望月 孝洋さん
望月 孝洋さん
経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長補佐

1991年通商産業省(現経済産業省)入省。以降、知的財産政策、通商政策等に従事。2002年に、文化情報関連産業において音楽産業の振興等を担当。
2006年より、知的財産政策室にて国際交渉や不正競争防止法の改正等に関わり、昨年、技術的手段回避装置(マジコン)に関する法改正を担当。2011年より、再び文化情報関連産業課に着任し、コンテンツ産業の振興や制度的課題の整理を担当。