医療保健学部

School of Health Sciences 蒲田

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> 医療保健学部 リハビリテーション科 理学療法学専攻の3つのポリシー

医療保健学部 リハビリテーション科 理学療法学専攻の3つのポリシー

医療保健学部の教育研究上の目的
 医療保健学部は、人間の生命や生活の質を真に理解できる豊かな人間性とともに、専門的職業人としての基礎を整え、保健・医療・福祉の幅広い領域で、人間の健康と福祉の向上に貢献することのできる有為な人材を養成する。

医療保健学部 リハビリテーション科 理学療法学専攻の教育研究上の目的
 医療保健学部、リハビリテーション科 理学療法学専攻は、日進月歩で進む医療を支える理学療法学の新知識を学び、正しい治療技術を提供する理学療法士のエキスパートとなる有為な人材を養成する。

医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の学位授与の方針
(ディプロマポリシー)

     本学の建学の理念及び本学部専攻の教育研究上の目的に基づき、次の学修到達目標に定める資質・能力を身に付け、本専攻で定める所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に対し、卒業を認定し、学士の学位を授与する。

  • 国際的な教養
    ・人々や社会・文化の多様性を理解し、社会人・国際人として活躍できる教養を身に付ける。
    ・情報リテラシー・数理科学(情報機器活用能力やデータサイエンスの素養を含む)、自然科学分野における教養を身に付ける。
  • 実学に基づく専門能力
    ・機能的運動能力の向上と健康増進に寄与する理学療法士に必要な知識を身に付ける。
    ・理学療法の基礎、評価、実践および研究に必要な知識やその応用力を講義、演習及び実習をとおして身に付ける。
  • コミュニケーション能力
    ・わかりやすく自分の考えや研究成果を伝える力を身に付ける。
    ・多様な価値観を持つ人々との意見の違いや相手の立場を理解する力を身に付ける。
    ・他職種の専門性を理解し協働出来る調整能力とコミュニケーション能力を身に付ける。
  • 論理的な思考力
    ・論理的に考える力(レポートを科学的な方法で執筆する力を含む)を身に付ける。
  • 分析・評価能力
    ・収集した情報を分析的・批判的に捉える力を身に付ける。
  • 問題解決力
    ・科学的な思索を通して、課題を発見し、解決する力を身に付ける。

医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の教育課程編成・実施の方針
(カリキュラムポリシー)

     医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の学位授与の方針に掲げる資質・能力を修得するため、教育課程編成・実施の方針、学修成果の評価方法を次のように定める。

    教育課程編成・実施の方針
     教育課程は、基礎教育科目、専門基礎科目、専門科目から構成する。

  • 基礎教育科目は、以下の科目群から編成する。
     人文、社会、英語、心身ウェルネス、コンピュータ、人間形成、自然科学
  • 専門基礎科目は、以下の各分野の科目から編成する。
     医学、理学療法学及びそれらを活用する基礎科目の講義・実習
  • 専門科目は、以下の各分野の科目から構成する。
    理学療法学の専門分野を深めるための科目の講義・実習、及び卒業研究

 これらの授業科目は、講義、演習、実習、実験等を組み合わせて体系的に編成し、学生の主体的・能動的な学修・研究を促す。

学修成果の評価方法
 授業の形態(講義、演習、実習、実験等)に応じて、定期試験、レポート、授業中の小テストや発表等各科目のシラバスに明記された評価方法に基づき、学修成果を厳格に判定する。主な課題研究(とくに、卒業年次の課題研究)では、複数の教員の前で各学生が研究成果を発表する審査会を開催し、学生の総合的能力を複数の教員が評価する。

医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の入学者受入の方針
(アドミッションポリシー)

 本学の建学の理念及び本専攻の教育研究上の目的を理解し、本専攻の教育研究に強い関心を持ち、下記のような志を持った学生を医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻は受け入れる。

  • 医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の専門分野の学修と研究に強い意欲を持って挑み、保健、医療、福祉等の分野で自立して活躍することをめざす人
  • 国際的な教養と豊かな人間性を育み、持続可能な社会の実現に貢献する意欲がある人
  • 医療に携わる者としての倫理観を持ち、協調性やコミュニケーション能力がある人
  • 科学的視点から得られた情報を総合的に勘案して理学療法学を理解し、問題を解決しようとする人

入学後の学修のため、以下の教科・科目の内容を入学前に修得していることが望まれる。
【数学(数学I・A相当)、英語や国語(現代文)の基礎力にかかわる科目】

    入学者選抜の基本方針

  • 一般選抜(奨学生入試・A日程・B日程)
     これらの試験では、教育研究の対象となる分野の基礎学力と、それを将来の産業上の問題解決に応用するための応用力・発展力を持つ人物の受け入れを目的としている。個別学力試験により「知識・技能」を評価し、決められた方法で点数化し合格者を決定する。
  • 大学入学共通テスト利用試験(前期・中期・後期)
     この試験では、教育研究の対象となる分野の基礎学力と、それを将来の産業上の問題解決に応用するための応用力・発展力を持つ人物の受け入れを目的としている。大学入学共通テストや実用英語技能検定(英検)により「知識・技能」を評価し、決められた方法で点数化し合格者を決定する。
  • 総合型選抜
     医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻での学修を強く希望し、高校生活での様々な経験を活かし、入学後の学修や研究を通して成長する意欲を持った人物の受け入れを目的とする。調査書、基礎学力試験において「知識・技能」、出願書類及び面接試験により「思考力・判断力・表現力等の能力」や「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」、「学修に対する意欲」、「理学療法士としての職務を適正に遂行する基礎的能力」を総合的に評価し合格者を決定する。
  • 学校推薦型選抜(指定校推薦)
     医療保健学部 医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻が指定した高校で、医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻での学修を強く希望し、合格した場合、入学が確約できる専願の生徒を対象とし、高い学力とともに、高校生活での様々な経験を活かし、入学後の学修や研究を通して成長する意欲を持った人物の受け入れを目的とする。調査書により「知識・技能」、出願書類及び面接試験により「思考力・判断力・表現力等の能力」や「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」、「学修に対する意欲」、「理学療法士としての職務を適正に遂行する基礎的能力」を総合的に評価し合格者を決定す
  • 学校推薦型選抜(公募制)
     医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻での学修を強く希望し、所定の条件を満たし、高い学力とともに、高校生活での様々な経験を活かし、入学後の学修や研究を通して成長する意欲を持った人物の受け入れを目的とする。調査書により「知識・技能」、出願書類及び面接試験により「思考力・判断力・表現力等の能力」や「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」、「学修に対する意欲」、「理学療法士としての職務を適正に遂行する基礎的能力」を総合的に評価し合格者を決定する。