応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 応用生物学部 研究室一覧> 応用生化学・ヘルスケア工学(横山)研究室

応用生化学・ヘルスケア工学(横山)研究室

研究内容

応用生化学・ヘルスケア工学(横山)研究室
クリックで拡大

次世代ヘルスケア産業に貢献する技術開発を行っています。これまでに、
①血糖値センサーに使用する新規耐熱酵素FADグルコース脱水素酵素の探索・改変、
②高機能ヘルスケアセンサーチップの開発(レドックス活性高分子を用いた連続測定型血糖値センサー、NADHの電気化学反応の解析とケトン体センサー、乳酸センサーへの応用)、
③血液透析装置に実装するためのセンサーの開発(酸化型/還元型アルブミン比の電気化学センシング)、
④食品、化粧品成分のHPLC分析(電気化学活性種ラベル化によるアミノ酸、界面活性剤、化粧品成分の分析、イオンペアクロマトグラフィーによるビタミンC誘導体の分析)、
⑤抗酸化物質の活性評価などに関する研究を行っています。

研究テーマ

・血糖値センサーに使用する新規耐熱酵素
・高機能ヘルスケアセンサーチップ
・血液透析装置に実装するためのセンサー
・食品、化粧品成分の高感度HPLC分析
・抗酸化物質の活性評価

研究室ページ

https://yokoyama-lab.bs.teu.ac.jp/

研究キーワード
ヘルスケア , バイオセンサー , 高速液体クロマトグラフィー , バイオマーカー , 酸化ストレス , 抗酸化物質
関連するSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
担当教員
教授応用生物学部学部長
横山 憲二/ヨコヤマ ケンジ/YOKOYAMA Kenji
専門分野:バイオテクノロジー、生化学分析
助教
永瀬 翠/ナガセ ミドリ/NAGASE Midori
専門分野:医化学