コンピュータサイエンス学部

School of Computer Science 八王子

先進分子情報研究室(杉本研究室)

研究内容

先進分子情報研究室(杉本研究室)
クリックで拡大
分子情報や嗅覚情報をもとに、ニオイセンサのスマート化に取り組んでいます。ニオイは様々な種類の分子の組み合わせで構成されており、ガス感応膜の表面状態に変化をおよぼします。ガス分子の夾雑物であるニオイにより誘導される、感応膜の表面状態変化がセンサ出力になります。また、揮発性の強弱に着目し、濃縮手法を取り入れたシステム化により、嗅覚から得られる感性情報とセンサ情報とをマッチングさせる挑戦にもいどんでいます。キーになるのは香り刺激に応じて表面物性が機敏に変化する感応膜であり、真空・放電・液滴などを利用した薄膜化技術をベースに開発に取り組んでいます。吸着ガス分子の挙動を調べる表面分析やシミュレーション化学による検証など、多角的に表面解析を進めています。また、ニオイの表現方法の検討と認知科学的な応用、フレーバーや食品添加物などを対象とした化学リスク評価など、多方面から香りをテーマとした研究をしています。
研究テーマ

1. 分子情報を活用したニオイセンサの高精度化
2. 香りの感性工学的応用とニオイセンサのスマート化
3. 高感度ガス吸着膜の開発と表面ダイナミクスの解明
4. 有機分子デバイスによるニオイ感応膜の高機能化
5. 香料や食品に関する化学物質のリスク評価

プロジェクト独自ページ

http:// www2.teu.ac.jp/sugimoto/

研究キーワード
アロマセンシング , データサイエンス , 分子シミュレーション , 表面科学 , 感性工学 , 化学リスク評価
担当教員
教授
杉本 岩雄/スギモト イワオ/SUGIMOTO Iwao
専門分野:アロマセンシング・アロマサイエンス、コンピュータ化学、表面科学、化学リスク評価