コンピュータサイエンス学部

School of Computer Science 八王子

先進分子情報研究室(杉本研究室)

研究内容

先進分子情報研究室(杉本研究室)
クリックで拡大
生活空間における気体分子の作用はニオイとしてとらえられることが一般的です。このニオイを検知・識別できるセンサシステムの開発に取り組んでいます。ニオイ分子の捕捉能力に優れた感応膜に焦点をあて、表面における吸着分子との相互作用を膜構造と関係づけて理解することに注力しています。コンピュータ化学を利用した分子シミュレーションと表面分析・吸着測定などの実験結果とを比較検討することで、分子情報をベースとした表面現象の解釈や感応膜の最適化を図っています。また、嗅覚による感性評価を進め、センサ応答との関連付けにも挑戦しています。さらに、身の回りの化学物質に関するリスク評価にも取り組んでいます。
研究テーマ

・ニオイ感応膜とニオイセンサシステムの開発
・茶葉、木材、フレーバー、などの芳香のセンシング
・芳香の感性評価
・コンピュータ化学によるニオイ分子シミュレーション
・化学物質のリスク評価
・分子エレクトロニクスや分子フォトニクスをベースとしたニオイ感応素子の開発

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/sugimoto/

研究キーワード
センサ , ナノテク , 表面 , 香り , 感性 , シミュレーション , 生体材料 , カーボン , 住環境 , 健康・安全
担当教員
教授
杉本 岩雄/スギモト イワオ/SUGIMOTO Iwao
専門分野:アロマセンシング・アロマサイエンス、コンピュータ化学、表面科学、化学リスク評価