工学部

School of Engineering 八王子

有機分子設計学(片桐)研究室

研究内容

有機分子設計学(片桐)研究室
クリックで拡大

有機フッ素化合物の反応・合成・物性・材料機能の開発を中心に、有機化学全般を広く研究しています。以下詳細
 ・有機フッ素化合物:特にα-フルオロアルキルアミノ酸の新しい合成法を開発しています。これにより、創薬を大きく支援します。
 ・結晶工学:水素結合性ポリマー構造を利用した結晶工学的分子建築を展開しています。この分子建築により分子サイズのトンネル細孔を構築し、水素ガスを貯蔵機能やポンプ機能を検討しています。これによりナノテクノロジーに斬り込みます。
 ・電子移動反応:マグネシウムを還元剤とする還元反応の開発をしています。またそのための高極性溶媒の開発(疑似イオン液体)を行なっています。
 ・安全工学:安全な実験室の実現のためのAI(人工知能)を利用したツール開発を目指しています。そのためのビッグデータ構築を研究をしています。

研究テーマ

・α-フルオロアルキルアミノ酸の新規合成法の開発
・結晶工学的細孔構築とその機能開発
・電子移動反応の開発とその媒体の研究
・安全工学

研究室の独自ページ

有機分子設計学(片桐研究室)

研究キーワード
有機フッ素化学 , 有機フッ素化合物の合成 , 有機フッ素化合物の物性 , 分子サイズのトンネル細孔 , ナノテクノロジー , ガス吸蔵 , ブラウニアン・ポンプ , 電子移動反応 , 疑似イオン液体 , 安全工学
担当教員
教授工学研究科長 サステイナブル工学専攻長
片桐 利真/カタギリ トシマサ/Toshimasa KATAGIRI
専門分野:有機化学、ナノテクノロジー