メディア学部

School of Media Science 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> メディア学部> メディア学部 プロジェクト一覧> デジタルマーケティングコミュニケーション(進藤研究室)

デジタルマーケティングコミュニケーション(進藤研究室)

研究内容

デジタルマーケティングコミュニケーション(進藤研究室)
クリックで拡大
 最近の主要なテーマとしては以下を扱っています。
(1)新しい広告の研究:動画広告はどのように作ったら効果が高まるのでしょう?VRやAIを使った新しい広告はどのようなものになるのでしょう?香りや音といった、五感に訴える広告も可能性がありそうです。嫌われる広告にならないように、生活する人に配慮した広告も大切です。広告らしくない広告、これまでにない広告を研究しています。
(2)デジタルマーケティングの研究:みなさんがモノやサービスを買う動機は大きく変わっています。テレビコマーシャルよりも、クチコミや、SNS上におけるカンバセーション、企業の作る様々なコンテンツの影響が高まっています。IoTやVR、AIを使ったマーケティングや、マーケティングオートメーションも、日々進化しています。その一方で、テレビも大きく進化して、デジタルマーケティングの一環にとりこまれつつあります。こうした、デジタルの時代のさまざまなマーケティングについて研究しています。
(3)コンテンツビジネスの研究:アニメやマンガ、音楽、ゲーム、映像、舞台芸術、ミュージカルなどのビジネスについて研究しています。
研究テーマ

(1)新しい広告の研究
(2)デジタルマーケティングの研究
(3)コンテンツビジネスの研究

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/media/~shindo/

研究キーワード
広告 , デジタルマーケティング , コンテンツビジネス
担当教員
教授
進藤 美希/シンドウ ミキ/SHINDO, Miki
専門分野:インターネットビジネス論、エンタテインメント・アートマネジメント