メディア学部

School of Media Science 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> メディア学部> メディア学部研究室一覧> 健康メディアデザイン研究室(千種研究室)

健康メディアデザイン研究室(千種研究室)

研究内容

健康メディアデザイン研究室(千種研究室)
クリックで拡大
 日本唯一の健康メディアデザインを学び、自身の能力を高め、新しい健康アプリを制作します。最新のIoTデバイスを用いると、人間の歩数だけでなく、移動距離、心拍数、睡眠の深さ、などが スマートフォンで自動記録・分析できる時代になりました。健康メディアの中核は「集中力向上」 です。積極法として、ポモドーロ法により単位時間に実行できる作業量を増加できます。また消極法として、睡眠や食事の改善・ストレス対処により、日々の集中力を低下させる要因を排除し、 本人の集中力向上を実現できます。これらを支援する新しい健康アプリを制作しています。
 
研究テーマ

・音と音楽による集中力改善アプリ開発
・猫背を矯正し集中力を高める健康アプリ開発
・眼精疲労回復アプリ開発
・ゲーミフィケーションを用いた健康アプリ開発
・仮眠など睡眠力改善に伴う集中力向上による労働時間短縮

プロジェクト独自ページ

https://sites.google.com/a/edu.teu.ac.jp/chilab/project

研究キーワード
健康メディアデザイン , 健康PDCAサイクル改善法 , 健康アプリ開発 , 集中力向上 , 睡眠力改善 , ストレス低減
学生の学会発表・受賞

研究発表および優秀賞受賞(2019年度)
・岡本侑大,"BPMランニング法に基づく新しい初心者向け健康アプリの開発",第11回大学コンソーシアム八王子学生発表会


研究発表(2019年度)
・芳賀雄志,"TPO ごとにストレスコーピング可能なストレス解消支援アプリの開発",第11回大学コンソーシアム八王子学生発表会


・千種康民,井上大輝,"健康メディアデザインに基づく座位姿勢の悪化要因分析と改善法に関する研究",FIT2019,O-036(2019)


研究発表および優秀賞受賞(2018年度)
・井上大輝,"健康メディアデザインに基づく座位姿勢の改善とその健康アプリ開発",第10回大学コンソーシアム八王子学生発表会


研究発表(2018年度)
・佐藤聖高,千種康民,"環境音と音楽をポモドーロテクニックに適用した集中力向上法",信学技報IE2018-46, pp.13-17(2018年)


研究発表および優秀賞受賞(2017年度)
・原田颯麻,"新鮮野菜のICT路地販売「八王子万農王国」",第9回大学コンソーシアム八王子学生発表会


研究発表(2016年度)
・電子情報通信学会2件、大学コンソーシアム八王子学生発表会3件


担当教員
准教授 
千種 康民/チグサ ヤスタミ/CHIGUSA Yasutami
専門分野:WEBアプリケーション、映像情報処理、音楽情報処理、感性情報処理、ユーザビリティ