応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

腫瘍分子遺伝学(村上優子)研究室

研究内容

腫瘍分子遺伝学(村上優子)研究室
クリックで拡大
がんを対象に、がんの分子病態の解明とともに、抗がん剤開発への貢献を目指しています。 手法としては、遺伝学、分子生物学、生化学を用い、系としては培養細胞、マウス、モデル生物を利用します。 また、核酸医薬や早期がん診断法の開発も共同研究で行なっています。
研究テーマ

1. 合成致死表現型を利用したがん増殖の分子機構の解析
2. 合成致死表現型を利用した新規抗がん剤のケミカルスクリーニングとその分子機構の解析
3. 血中循環腫瘍細胞検出法の開発

研究室ページ

研究キーワード
がん , 細胞周期 , DNA損傷修復 , ゲノム創薬
関連するSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
担当教員
教授
村上 優子/ムラカミ(トナミ) ユウコ/MURAKAMI-TONAMI Yuko
専門分野:がん、分子標的治療、細胞周期