コンピュータサイエンス学部

School of Computer Science 八王子

人工知能専攻の研究紹介

人工知能の技術は、機械学習、特に、2010年代に深層学習の技術が出現してから急速に発展しています。碁や将棋で、人間を打ち負かす人工知能ができたのも、この技術の出現によるところが大きいのです。また、たとえば、いろいろな画像を見て何が写っているのか判断する、画像認識や、スマートスピーカにみられるような、音声認識に適用されて、大きな成果をあげています。最近では、自動翻訳等に用いられる、自然言語処理の能力も飛躍的に向上しています。

人工知能技術の応用分野は、これから飛躍的に拡大してゆくと考えられます。社会のいろいろなデータを分析する、データサイエンスの分野は、すでに広く利用されているものの一つです。スマートスピーカにみられるように、インターネットサービスは、人工知能の技術なしでは成り立たなくなりつつあります。これと並んで、自動車やロボットなどの、いろいろな機械装置を人工知能を使って動かすことは、社会の構造自体を変える力を持つ重要な技術です。また、医療においても、CT画像の自動判定や、医薬品開発等にどんどん利用されつつあります。

東京工科大学コンピュータサイエンス学部人工知能専攻では、このような背景をふまえ、広い範囲での研究を行っています。分野に分けて、どのような活動を行っているかご紹介いたします。

研究紹介ビデオ

「人工知能専攻」の全体の研究について、田胡和哉教授よりご説明いたします。

分野ごとの活動

人工知能の基礎技術
(石畑、長名、柴田)

人工知能技術は、機械学習、特に、深層学習技術から成り立っています。深層学習自体の研究と、それを利用した、自然言語処理、画像処理、音声認識等について研究しています。

画像処理やセンサの技術
(青木、佐藤)

画像処理の研究は、古くから行われており、たとえば、カメラ画像による顔の認識等に用いられています。最近の、人工知能技術の発展により、カメラや、その他のセンサからの情報を分析する能力が飛躍的に高まりつつあり、それをさらに推進する研究を行っています。

データサイエンス

インターネット等で集められた、いわゆるビッグデータを分析することにより、社会の動向が分かったり、金融市場の予測が行えたり、いろいろなことができるようになりつつあります。企業と連携し、生きた社会のデータを分析する方法について研究を行っています。

人工知能を用いたロボット制御

人工知能を用いて、動物と同じように自律的に行動し、周囲から情報を収集して、自分の行動を決めることができるロボットの研究と、実際の開発を行っています。これは同時に、生き物の知能の原理を解明することを目的とした、認知科学の研究ともなっています。

人間とコンピュータの新しい関係の模索

人工知能を研究することは、人間について知ることでもあります。人間をよりよく知り、仮想現実にみられるような、人間とコンピュータの新しい関係を創造する試みを行っています。

ゲームへの応用
(グリムベルゲン)

エンターテインメントへの応用
(松下)